トヨタルマン初優勝!しかしライバルのポルシェ不在で価値があるのか?

やっと優勝しましたね。WECルマン24時間耐久レース

トップカテゴリーに参戦しているのはトヨタだけとは言え

24時間の長丁場ですから

流石に優勝するのは難しいけど

今年は1-2位フィニッシュですからすごいです。

ポルシェも昨年は優勝しましたけど

 

そのトップカテゴリーからは離脱しましたからね。

このトップカテゴリーはハイブリッド車なんですけど

 

VW フォルクスワーゲンが絶好調のときは

AUDIもポルシェもいましたけど

あのディーゼルエンジンの

排出ガス問題があってから

徐々に撤退してますね。

 

WRCのトップカテゴリーからも

VWは撤退したし

WECのAUDI撤退に続き今年はポルシェも撤退しましたしね

F-1の電気自動車版E-1に参戦するらしいですけど

歴史と伝統のルマンのトップカテゴリーから

往年の活躍したメーカーが

出てないと言うのは本当に悲しいです。

 

まあハイブリッドと言えばトヨタのお家芸ですから。

いくらポルシェが勝っても

なかなかハイブリッドポルシェの拡販には繋がりませんですしね。

 

金が生まれないと継続出来ませんから。

 

しかしやっとトヨタも優勝しましたね。日本車も3度目らしいですけど

マツダと???

 

何ですかね。

そして小林可夢偉では無くて

中嶋一貴なんですね

1位は

 

予選は小林可夢偉も早いですけど

24時間走らすとなると運不運も

多々あって

 

結果に影響を与えますからね

確か昨年も不運なことがあってリタイヤしてますからね。

 

このルマン用のトヨタはTS050HYBRIDから

影響を受けたスーパースポーツも開発中ですけど

これはやりすぎですね。

 

こんなルマンや耐久レースを走るために

造った車のデザインをそのまま使って

そのまま販売しても

あまり欲しいとは思わない

んでは無いですかね

 

それならもっと昔のトヨタ2000GTの様な完成されたフォルムを

再現してくれたほうが

嬉しいし

 

実際に売れて稼げると思います。

だってアクアを積んだ2000GTもどきが

1600万くらいで売れるのですから

 

このデザインで

TS050HYBRID譲りのパワートレインなら売れますよ。

アクアのパワートレインはどうかなと思いますけど。

 

しかしトヨタだけしかいないこのカテゴリー

競う意味が無くなるから来年はこのカテゴリー無くなるのでは

無いですかね

 

一人横綱みたいなものですから

しかしコースはとても狭いですね。

 

悪条件も多いと思います。パワーだけで無い要素もたくさん

その中で

念願の優勝を遂げたのは

嬉しいですね。

 

 

 

 

一気にEV化に進んでいるこの車社会

電動化以外の魅力がいっぱいあるはずなんですよね。

 

本当の低炭素社会もちょっと違うような気がするし。

 

うーんもっと頑張ろう。

トヨタのために 水素社会をつくるために

<a href=”//car.blogmura.com/ranking_pv.html”><img src=”//car.blogmura.com/img/car88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 車ブログへ” /></a><br /><a href=”//car.blogmura.com/ranking_pv.html”>にほんブログ村</a>

<a href=”//car.blogmura.com/toyota/ranking_pv.html”><img src=”//car.blogmura.com/toyota/img/toyota88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 車ブログ トヨタへ” /></a><br /><a href=”//car.blogmura.com/toyota/ranking_pv.html”>にほんブログ村</a>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください