WRCトルコ速報!!

WRCトルコ:ヤリスWRCのタナクが首位浮上、ラトバラが2位につけ最終日へ

RALLY PLUS · 2018-09-16  全文ラリープラスさんからの引用です。すいません。ラリプラメンバーズなので許してね。しかしここでもTOYOTA調子良いですね。このままいけばチームも1位だし。オットタナクもセバスチャン・オジエを抜いて単独2位に浮上。ティエリーヌーベルの1位まで肉薄しますね。

本日日本時間の昼からです。夕方には結果が出てますね。楽しみです。

<写真も文もラリープラスネットから>

WRC 世界ラリー選手権

©TOYOTA

9月15日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリートルコの競技3日目、デイ3がトルコ南西部のマルマリスを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合首位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合2位にポジションを上げた。エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組は、コースアウトによりリタイアとなったが、チームはサービスでクルマを精査した上で修復を行い、ラリー2規定に基づきデイ4での再出走を目指すとしている。

マルマリスの西側エリアが戦いの舞台となったラリートルコのデイ3は、悪路でクルマが壊れリタイアが続出する、サバイバルラリーとなった。タナクとラトバラは、路面が荒れていた前日のデイ2でクルマを労るクレバーな走りを実践し、ラトバラが総合4位に、タナクが総合5位につけていた。ふたりはデイ3でも同じようなアプローチで走行。午前中のステージでティエリー・ヌービルがトラブルにより後退し、タナクは総合2位、ラトバラは総合3位に浮上した。そして、午後最初のステージで首位のセバスチャン・オジエがトラブルにより遅れた結果、タナクは首位に、ラトバラは総合2位にポジションを上げ1日を終えた。

トミ・マキネン(チーム代表)
「今日のような展開は、しばらくWRCではなかったと思います。とにかく色々な事が起こり、すべてのドライバーとクルマが困難な状況に見舞われました。また、高い気温と荒れた路面により、タイヤの摩耗に関してもかなり厳しい1日でした。もはやサバイバルラリーだと言えますが、我々は非常に良い位置につけています。ラトバラとタナクはここまでの所難局を上手く切り抜けています。エサペッカは、ペースノートの情報がやや楽観的過ぎたのでしょうか、ほんの小さなミスでリタイアとなってしまいました。まったく新しいラリーのステージでは、このような事が起こり得ます。明日は、最後まで上手く行くように願っています」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「我々にとって良い1日でした。特に午後はフィーリングが良く、全体的にクルマは上手く動いてくれました。このラリーではドライビングの微妙な限界域を見極める必要があります。路面のグリップが良い所では限界まで攻める事が出来ますが、石が多かったり凹凸が激しい路面ではクルマは簡単にダメージを負ってしまうので注意しなければなりません。明日は心を冷静に保ち、一貫性のある走りを続ける事が重要だと思います」

TOYOTA

オット・タナク
「全体的にとてもポジティブな1日だったと思います。このラリーで勝つために重要なのは速さではなく、信頼性と問題を起こさない事だと私は最初に言いました。私とヤリ-マティは大きな問題を抱える事無く走り、そして現在この順位につけているので、順調だと言えるでしょう。ただし、明日はまだ4本ステージが残っていますし、今日の予想外の展開を鑑みると、色々な事が起こる可能性があります。最後まで集中力を失わなず、良い結果を持ち帰りたいと思います」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「非常に困難な午前中となってしまいました。日中のサービス直前のステージで、ペースノートに記したコーナーの情報が少し甘かったため、フィニッシュまであと2kmという所でラインが膨らみ、路肩にスタックしてしまいました。クルマには問題はなかったのですが、コースに復帰する事ができず、それから20分後にクルマが路肩から滑り落ちてしまいました。できれば明日は再出走し、このラリーでの走行距離を増やしたいと思います」

TOYOTA

WRCトルコ デイ3の結果
1. オット・タナク/マルティン・ヤルベオヤ トヨタ・ヤリスWRC 3:34:22.5
2. ヤリ‐マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ トヨタ・ヤリスWRC +13.1

3. ヘイデン・パッドン/セブ・マーシャル ヒュンダイi20クーペWRC +1:10.5
4. テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ フォード・フィエスタWRC +3:22.2
5. アンドレアス・ミケルセン/アンデルス・ヤーゲル ヒュンダイi20クーペWRC +6:25.4
6. ヘニング・ソルベルグ/イルカ・ミノア シュコダ・ファビアR5 +11:55.5
7. エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット フォード・フィエスタWRC +16:49.0
8. ヤン・コペッキー/パベル・ドレスラー シュコダ・ファビアR5 +17:05.9
7. エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット フォード・フィエスタWRC +16:49.0
8. ヤン・コペツキ/パヴェル・ドレスラー シュコダ・ファビアR5 +17:05.9
9. シモーネ・テンペスティーニ/セルジュ・イトゥ シトロエンC3 R5 +17:50.4
10. クリス・イングラム/ロス・ウィトック シュコダ・ファビアR5 +18:38.2

14. エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ・ヤリスWRC) +28:52.2

Tags: i20TOYOTA GAZOO RacingWRCアンドレアス・ミケルセンエサペッカ・ラッピエルフィン・エバンスオット・タナクシトロエンシュコダセバスチャン・オジエティエリー・ヌービルトミ・マキネントヨタトルコヒュンダイファビアフィエスタフォードヘイデン・パッドンヤリ‐マティ・ラトバラヤリスヤン・コペッキー

Sponsored Link


関連記事

【フランス 「農業部隊」】求人に20万人もの応募。新型コロナウィルスでフランス農相が失業者らに呼び掛け!

  新型コロナウィルスが蔓延する中 今こそ農業だという風に思い ブログで

記事を読む

レクサスの中で購入するとしたらこれだ!

絶好調に思えた西野カナも無期限休養です。絶好調だからこそこんなこともありうるんですよね。トヨタも絶

記事を読む

TOYOTA ダイハツという子会社がいながらスズキに近づく理由。

スズキ スーパーキャリー良いですね。   これのガーデニングカラーが欲しいです

記事を読む

NISSAN GT-R。開発から10年。熟成されてきましたね。とてもいいクルマになってきたけどもうモデル末期ですか?次はphvですか?NISSAN!造り続けて欲しいクルマNO1.

日産GT−R 日本製の代表的スポーツカーです.既に10年経過しているのですね &

記事を読む

軽自動車にも白いナンバープレート装着可能!です。「ラグビーナンバー」

軽自動車にも白いナンバープレート アカプリ子もこれ薦められましたよ。ラグビーナンバープレート。

記事を読む

残雪の残る標高600Mのところにある山小屋で宿泊。男のロマンが詰まった山小屋。全然寒くない。電気無いけどね。

友人の別荘へ。大阪から来た彼はわざわざ標高600Mにあるこの山中を選んだ。 まあ彼のお父さんの

記事を読む

2018年TOYOTAはどうなる?2018年のトヨタ車予想。LEXUSでもPHVが出るらしいですけどね。本当に!

12月31日今年も残すところ後10時間程度。すでに年越し蕎麦は頂きました。今年はプリウスPHVを5月

記事を読む

WRCラリーヤリーマティ・ラトバラの調子がいまいちあがらない。

WRCラリーポルトガルも終わった。 ヤリーマティ・ラトバラの調子がいまいち上がらない。 まだ

記事を読む

WRCラリー・メキシコ SS14速報 セバスチャン・オジエがトップに!! セバスチャン・ローブとダニー・ソルドはパンクか?

WRCRALLYMEXICO いきなり動いてますね。 好調のHYUNDAIダニーソルドが

記事を読む

PORSCHEもLEXUSも電気自動車。リチウムイオン電池のままだったら走行距離と充電時間という不両立の問題が残りますからねえ。

正月明けの連休はなんとも心地良いもの。今朝のプリウスPHV専用メーターは510.4kwhを指していて

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0