WRCラリーGBSS9まで速報。TOYOTA凄い1位3位4位。ヴィッツもヤリスになるし。売れるぞ。

【SS9速報】Penmachno 2 (16.95 km)

1. T.ヌービル(H) 10:16.4

2. J.ラトバラ(T) +0.9

3. E.ラッピ(T) +2.1

4. O.タナク(T) +2.4

5. S.オジエ(F) +3.6

6. C.ブリーン(C) +6.9

7. H.パッドン(H) +10.2

8. A.ミケルセン(H) +10.9

9. M.オストベルグ(C) +14.0

【After SS9 of 23】

1. O.タナク(T) 1:06:04.3

2. T.ヌービル(H) +28.8

3. J.ラトバラ(T) +31.3

4. E.ラッピ(T) +35.9

5. S.オジエ(F) +38.2

6. C.ブリーン(C) +48.8

7. H.パッドン(H) +1:06.4

8. M.オストベルグ(C) +1:08.4

9. A.ミケルセン(H) +1:24.3

スニネンはこのステージの3.5km地点でコースオフし、ストップしているとの情報です。

SS10は日本時間6日(土)16:35スタート予定です。

またまたラリープラスネットの情報です。速報メールが来るからラリプラメンバーズはおすすめですよ。

しかしTOYOTAどうしたんですか。調子良いです。このメール以外にフェイスブックのヤリーマティ・ラトバラのページくらいしか情報源が無いのでよくわからないのですが。2年目の今にしてマシンも仕上がった感があります。

オット・タナクの安定感が凄いです。シェイクダウンではクラッシュしてましたがその後トップタイム連発だし。

ここにきてティエリー・ヌーベルが2位とセバスチャン・オジエが5位とやはりチャンピオンシップを争う3人が出てきたのは実力通りです。

しかしヤリーマティ・ラトバラも3位。4位にはエサペッカ・ラッピ。メーカーズチャンピオンシップではトヨタがヒュンダイを抜いて1位でしたが盤石なものに出来ますか?3人ともいつも上位に定着してきましたからいけるかもしれませんね。ドライバーズチャンピオンシップもオット・タナク十分可能性ありますから。

ティエリー・ヌーベルとオット・タナクの差は13ポイントですから。セバスチャン・オジエとの差も10ポイントです。まだまだわかりません。

チームポイントはTOYOTAここに来てから調子あげてきましたから可能性は高いと思います。本日も夕方から楽しみです。

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください