【フランス 「農業部隊」】求人に20万人もの応募。新型コロナウィルスでフランス農相が失業者らに呼び掛け!

 

 

こんな記事が届けられていました。

AFP BB NEWSです。

「農業部隊」求人に20万人応募、フランス農相が失業者らに呼び掛け

発信地:パリ/フランス [ フランスヨーロッパ ]

このニュースをシェア

「農業部隊」求人に20万人応募、フランス農相が失業者らに呼び掛け

 1/5 
 
フランス・トロワ近郊の畑で、トラクターを運転する農業従事者(2020年3月24日撮影)。(c)AFP/STEPHANE DE SAKUTIN
  • フランス・トロワ近郊の畑で、トラクターを運転する農業従事者(2020年3月24日撮影)。(c)AFP/STEPHANE DE SAKUTIN
  • フランス・トロワ近郊の畑で、トラクターを運転する農業従事者(2020年3月24日撮影)。(c)AFP/STEPHANE DE SAKUTIN
  • フランス・トロワ近郊の畑で、トラクターを運転する農業従事者(2020年3月24日撮影)。(c)AFP/STEPHANE DE SAKUTIN
  • フランス・トロワ近郊の畑で、トラクターを運転する農業従事者(2020年3月24日撮影)。(c)AFP/STEPHANE DE SAKUTIN
  • フランス・トロワ近郊の畑で、トラクターを運転する農業従事者(2020年3月24日撮影)。(c)AFP/STEPHANE DE SAKUTIN

【4月7日 AFP】フランスの農相は7日、仕事がなくなった労働者らに対し、夏が近づくにつれて労働力の確保が急務となっている栽培農家や畜産農家で働くことを呼び掛けたところ、20万人以上から応募があったと明かした。

ディディエ・ギヨーム(Didier Guillaume)農相は国営テレビのフランス2(France 2)に対し、「きょう現在で20万人以上の応募があり、採用担当者5000人が業務の調整に当たっている」と述べた。

 ギヨーム氏は先月、何万人もの一時解雇を招く新型コロナウイルスによる外出制限、また農家らが例年のように季節労働者を確保できない国境閉鎖の中で、「大農業部隊」の結成を呼び掛けていた。

アスパラガスやイチゴ、トマトなど、初夏の作物の収穫期と、畜産業では本格的な繁殖期が迫り、仕事をこなせる人材の必要性が高まっている。

ギヨーム氏はまた、多くの生産者にとって全土での外出制限令は、レストランや学校のカフェテリアなどが休業する中、傷みやすい商品の在庫が積み重なることを意味すると指摘。

フランスにおいて、食料の円滑な流通経路を維持していくことは急務であり、機能が停止した場合は「市民の食料が十分ではなくなる」と警鐘を鳴らした。(c)AFP

 

<ここまで(C ) AFP>

記事ありがとうございます。

 


流石 フランス
フランスはパリのイメージが強く文化や観光が有名ですけど実は農業国で

 

田舎の景色を守るためにも農業は大事だと
かなりの補助金を
出しているんですよね。
そしてあのプロバンスなどの美しい風景を作っている。
日本と言えば 農業への補助金を
結構出しているけど
なんか間違ってますよ。
あの悪夢の民主党政権の時には
農業のGDPに占める割合はせいぜい
1.5兆円
そこに力を入れてどうするの?
なんて声も上がったくらい
日本も棚田や段端や
北海道の広い農園など
確かに美しい農業の場所もありますが
耕作放棄地になったり
竹や雑木に侵食されたり
石垣が崩れたり
先の西日本豪雨災害では
愛媛のみかん山かなり崩れ
多くの方が亡くなりました
石垣のある明浜や 八幡浜市 伊方町などの
山は比較的に大丈夫でしたが
宇和島市の吉田町も
はじめて愛媛にミカンが栽培されだしたのも
吉田町ですが
ここは山の傾斜に直接
ミカンを植えられていて
かなりの山が崩壊しました。
一説には除草剤で根こそぎ
草を刈らしていたから???
なんてことも聞きました。
事実かどうかはわかりませんが
石垣の効果が大きいとは確信してます。
ミカン栽培の作業にも楽ですけどね。
なんどかこけそうになりましけど
しかしフランスの農相のように
日本の農相も頑張ってくださいよ
今こそ農業の求人
と農業をやりたい人との
マッチングを図るべきですよ
わたしもユズを実家で栽培している(鬼農ですけど
肥料も農薬もなにもしない・・・・)
一番は草刈り
2番はユズ
3番はミカン農家の手伝い
そして
4番というか
これはクリスマスにミカンを送りましょうという
クリスマスオレンジのイベントの様子
このままコロナウィルスが終息しなければ
この冬は出来ないかもしれませんが
確実に広がっている文化です
もともと 古民家の魅力や
愛媛の自然や食べ物の魅力で
移住促進をしていたのですが
当時は仕事が無いという事で
農業で食える様にしないといけないと
まずはミカンと魚でしょうという事で
ミカンに付加価値を付けるために
はどうしたらよいか?
昔は300万トン/年くらい
消費されていたけど
今は70万トン/年
位に落ちているんですよね。
晩柑など
みかん以外の柑橘も増えたけど
ライバルはスイーツですよ。
お菓子やバナナもね
まあ剥くのがめんどくさい人も多いのですよ
柑橘は
中には皮が喰えないのも
あるので
なおめんどいんですよ
しかし一度食べればかなり美味しいですから
その一度目をつくるために
ミカンを送り合う
習慣を創ろうということで
大事な人に大事に送ろう!!」
ということで8年くらい前に始めたのです
(もうそんなになるのか!!??)
そろそろ爆発させたいです!
しかし今やグーグルで
かなりヒットしますからねえ
みなさんもクリスマスオレンジで引いて
見てください
そして愛媛で農業したい方
出来れば若い人が
良いですね
とりあえず農業法人に就職し
その後
自分の園地を持ち
農業で独立したいって方
求めています。
その法人は28種類も
柑橘を作っているので
年間通して
仕事があります。
今も河内晩柑という
柑橘の採取時期です。
最近では草刈りが多いですけど
慣れれば楽しい作業です。
もし仕事をしてみたい方は
こちらへコメントかメールにて連絡ください。
条件など詳細はこちらから
acaprio358@gmail.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

エコカー先駆者トヨタの応援ブログ。プリウスのお陰でガソリンは安くなったけどガソリンガバのみのフルサイズピックアップトラックが売れてる!HVは中国やアメリカで逆風!苦境にたつトヨタのためわざわざプリウスphvを購入しそのインプレやWRCの記事などトヨタ包囲網を打破するためのトヨタ応援ブログ。