プリウスphvのライバル BMW i3はどうか?

BMW i3

 

BMWのスタイルらしく無いですけど

使い勝手は良さそうですね

 

木を使った (フェイクかもしれませんが)

内装がとても素敵です

 

 

 

この i3

 

ボディをカーボンモノコック

を使ってるんですよね

 

カーボンモノコックボディなんてのは

 

ランボルギーニアヴェンタドールくらいしか

無いですから凄いですね

 

 

お陰で重量は 1300kgに抑えられて

いますね。

 

そして21.8Kwの容量のリチウムイオン電池は

車台 シャシーに組み込む手法ですね

 

これはシボレー・ボルトなどにも

使われている手法ですが

 

場所を取らず重量のある

リチウムイオン電池を

 

ここに埋め込むことはとても

正解ですね。

 

プリウスphvは荷室の下に無理に

押し込んだので8.8Kwと

 

BMWi3の半分も無いのに

スペースを多く取ってしまって

荷室の嵩上げにつながってますね

 

プリウスphvの最大の弱点であり

このBMWi3やシボレー・ボルトの

美点でもありますね。

 

このBMW i3の面白いところは

オプションでレンジエクステンダーに

なることですね。

 

レンジエクステンダー と一言で

言ってもガソリンエンジンですからねえ

 

NISSAN e-NOTEは1200CCの

ガソリンエンジンですが

 

このBMW i3のガソリンエンジンは

647CCと軽四にも満たない

 

直列2気筒のDOHCエンジンで

おまけに無鉛プレミアムガソリン

 

9リットルのタンクが付いてます 😆

 

ガソリンスタンドに

「無鉛プレミアムガソリン満タン!」

 

って頼むんでしょうか?

ガソスタの兄ちゃんに

 

兄ちゃんびっくりします!

 

NISSAN e-NOTEはなんと

11月の自動車販売台数で

 

あのプリウスを抜いて1位に

なりました。

 

30年前のNISSAN サニー以来ですから

NISSANやNISSAN関係者 e-NOTE開発者

泣けたんでは無いでしょうか?

 

「おめでとうございます」 😉 

 

しかし僕はこのレンジエクステンダー型の

ハイブリッドはどちらかと言えば否定派です。

 

なぜなら電気は商用電気のそれも深夜時間帯の

電気が一番安いからです。

 

税金だらけのそれも割高のガソリン

BMW i3に限っては無鉛プレミアム

ガソリンエンジン!

この割高のガソリンから電気を作るってのが

イマイチ合点がいきません。

 

今回もBMWの試乗申込みしましたが

もし貸して頂ければ

そのランニングコストも

試してみたいと思います。

 

9リットルというのが可愛いですよね

 

ただしノーマルから120kgも

重くなります。

 

如何にガソリンエンジンは部品点数が

増えることがわかりますねえ。

 

肝腎のお値段は

普通の電気自動車が

499万円から

 

レンジエクステンダー装着車が

546万円〜

 

高いですねえ

 

プリウスphVですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください