森にお金を落とす仕組みを考える。

日本は先進国にしては

珍しく森が多い国だ

 

実に国土の2/3が森林である

戦前や戦争中に

 

多くの木材を消費したため戦後は

森に木は無かった

 

その頃の木の価値はとても高く1本の杉で

一ヶ月生活できたとも親父などは言う

 

しかし

 

その森林に今お金が落ちていない!

 

 

森林資源である木材の価値が低いからである

木材がお金にならないから

人々は山に入らない

 

山に入らないから

山は荒れ放題

 

荒れ放題だけなら良いけど

中国人など外国に森林を売却している

 

また枝打ちや間伐をしない山は日が入らず

土が剥き出しになり

大雨の時に

 

崩れる 伐採してそのままにしておくことも

多く倒木や放たれた木は

 

大雨の時に川に流れ

大洪水の原因になる

 

全ては山に入らないから

山に入らないのは山にお金が落ちないから

 

山にお金を落とす

 

 

仕組みを構築する必要がある!

 

今日は松野町の色んな取り組みを

放送している

 

中でも面白いのはジビエの料理の流通や

この薪ボイラー

 

2Mの薪がまるごと焚べれるボイラー

ガシファイヤーである

 

中でもこの薪の調達をするために

お年寄りから薪を買っているのである

 

軽トラいっぱいいくらかと

その夜の晩酌代くらいには

なる

 

そしてまるごと燃やす

そしてトラックで集める

 

山が綺麗になる

綺麗になった山は間伐する

枝打ちする

 

薪が出来る

薪が出来て温泉に持っていくという素晴らしい

循環が出来ているのである

 

 

 

とりあえず森に入る仕組みを造り

そして

木材を活用する仕組みもこれから創る必要がある

やはり住宅でしょう!

木材を表面に使い

柱もあらわしにする

 

木材も呼吸するからそれの方が長持ちするし

空気も清浄化する

 

出来れば釘を使わない伝統工法で木材を組む

それだと再利用も出来る

 

古民家再生だ

木材を有効活用し木材の価値を高めないといけない

 

そんな取り組みを行いたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください