ラリー+が早くもラリー・モンテカルロ号を送って来てくれた。

プリウスphvを注文して首を長くしてます、もうすぐ平成28年の1月も終わり、2月になり2月15日が発売です。待ち遠しいですね。納車は3月か4月か?

プリウスphvを買う関係でトヨタの応援をしています。本車が来ると実インプレションが多くなるからお待ち下さいね。一番は燃費というか電費。徹底した経済的な充電方法にこだわり、走りは楽しくてもこんなに経済的でそして低炭素社会の創造に役立つというところをインプレッションしますアカプリ子!です。よろしくお願いします。

新年早々飛び込んできたのはWRCラリーモンテカルロでのトヨタの活躍、ヤリ−マティ・ラトバラがなんと2位で18年ぶりのトヨタの復活を祝いましたよね。

戻るべきところへ戻ってきたという感じですか。

そしてその記事を書くのに色々お世話になりました。ラリープラス。ラリー専門雑誌としては唯一無二なんでしょうが

昨日早速ラリープラス ラリー・モンテカルロ速報を特集した雑誌が来ましたよ。しかし先週の23日に終わったばかりなのに早いですね。

このラリープラスが行うラリプラーメンバーズオススメですよ。

<ラリープラスより>

「ラリープラ・メンバーズ」は、日本で唯一の総合ラリー専門誌RALLYPLUS編集部がお届けする、2017年のRALLYシーンをとことん楽しむための会員制年間購読パックです。

96.7%の方に「とても満足」または「満足」とご回答頂きました!

「本を買うお金で、カレンダー、数々のプレゼント、サービス、お得感満載です」

「全日本ラリーのブースでくじが引けたり、カレンダーがついてたり。至れり尽くせり 😀

「情報を素早く入手できて便利なSS速報メールが気に入っている」

「メンバーであることに特別感がある」

 

会員の皆さまからのありがたいお言葉の数々、ありがとうございます!

SS毎の結果をメールでも送ってくれるし、私的にはこのつながり感が素敵だと思います。

トヨタがWRCに復帰し、国内でも日本スーパーラリーシリーズがスタートする2017年。RALLYPLUS編集部では、本誌のみならず、ウェブ、映像、メールマガジンなどのメディアをミックスし、総力を挙げて2017年のラリーシーンをしっかりお伝えしてまいります。

2017年のラリーシーンをたっぷり楽しみたい貴方の為の会員制サービス。それが「ラリプラ・メンバーズ」です。


1/31までのご入会で“もう一冊”キャンペーン実施中!ですね

2017年1月31日までにお申込みをいただくと、通常4冊のところなんともう1冊、RALLYPLUS特別号「2017年WRC開幕戦ラリー・モンテカルロ速報号」の雑誌と電子書籍をプレゼントします。

既に届いているのがこれですね。写真が綺麗で素敵です。記事もタップリ。昔日のトヨタの活躍が書いてあって今後のWRCラリーを追いかけて記事を書くためには完読しておかないといけませんね。


さてラリプラ・メンバーズ会員特典としては

(1)RALLYPLUS年間購読 ※年4冊

年4冊発行のRALLYPLUSをご指定の住所へ発送いたします。ステッカーをはじめとする毎号異なるプレゼントを同封し、DM便でお届けします。

(2)RALLYPLUS電子書籍版 ※年4冊

電子書籍版RALLYPLUSの2017年4冊分をプレゼントします。パソコンで、スマートフォンでタブレットで。劣化の心配も持ち運びの苦労もなく、いつでもどこでもRALLYPLUSを読むことが出来ます。

(3)2018年ワールドカレンダー※2017年10月頃お届け

WRCならではの世界各国の景色と全力疾走するマシンとのコントラストが印象的な、大迫力A2変形判壁掛けワールドラリーカレンダーを10月頃にお届けします。

(4)会員限定ストラップ&クレデンシャルカード※2017年2月ごろお届け

会員限定のクレデンシャルカード&ストラップを、2月頃にお届けします。全日本ラリー会場のラリプラブースでカードを提示すると、ちょっとうれしいサービスがあるかも(詳細は検討中です)

(5)SS速報メール(WRC全13戦/JRC全9戦)

主催者がウェブに公開しているSS速報をメールでプッシュ配信する便利なサービスです。どこにいても、何をしていても、ラリーの展開をチェックする事ができます。

(6)会員限定メールマガジン

ラリプラ・メンバーズの会員限定のメールマガジンを2回/月発行します。全世界に公開されるブログにはなかなか掛けないあんなことやこんなことも、メルマガにだったら書けちゃいます!

会員の皆さんからのご質問にもお答えします。

(7)ほかにも特典が盛りだくさん

このほかにお会員限定のWRCおみやげプレゼント企画をはじめ、ラリーファンの皆さんにきっとご満足いただける特典を準備中です。どうぞご期待ください。

ラリプラ・メンバーズ有効期限

2017年1月1日〜12月31日

募集期間

2016年12月14日〜2017年3月31日

年会費

10,800円

以上です。RALLYPLUSの宣伝になりましたが、今や書籍をコンテンツとする出版業界は大変ですからね。多くの情報が多くのコンテンツがインターネットで只で手に入る時代ですからね。もはや映像や音楽のコンテンツまで無料です。その中で紙媒体ってのは本当に苦境にたたされています。

この様なRALLYPLUSさんのサービスは良いですね。これからは双方向と言うかつながり感が大事ですね。メルマガやブログで。

今回のラリー・モンテカルロ速報号はこの写真がいちばん好きですね。

みなさんも是非ラリプラ・メンバーズ加入よろしくおねがいしますね。


<スポンサードリンク>
口座開設
<ポチッとオ・ネ・ガ・イ>
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link



関連記事

TOYOTAオット・タナクがstop。トップはⅯスポーツのセバスチャン・オジエ。やっぱりこの人男前だし。すごいよ。でもTOYOTAのヤリーマティ・ラトバラとエサペッカ・ラッピも2位と3位。それも4秒差11秒差だからまだまだわからない。オット・タナクはラジエーター破損でした。

【SS18速報】Gartheiniog 2 (11.26 km) 1. A.ミケルセ

記事を読む

若者のクルマ離れを阻止できる車はトヨタ86か?

いつの時代も若者に好かれる 車はありました エンスーの目で見られる車  

記事を読む

TOYOTAの社長もここが決断を下すときでしょうけど3年先が見えて無いのですよ。誰もね。

ここまで電動化に進んでいくと 車業界が ますます次世代の環境適合車や 売れる車が掴めなく

記事を読む

トヨタGAZOO Racing 今年のル・マンはやっとやっとの優勝か?

TOYOTA GAZOO Racing ル・マン24時間にかける。  

記事を読む

WRCラリーGB 地元出身のエルフィン・エバンス優勝!!!

【ラリープラスNETより】 ラリーGB、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント。 ア

記事を読む

トヨタの新入社員は2151人。凄いね。新たな感性に期待しますね。

新入社員 <Response>から 2151人。  

記事を読む

WRC RALLY SWE-DEN 新雪に苦戦しながらもまだトップ10内。しかしスパイクタイヤが凄いね!!

【WRCスウェーデン SS16速報】 ラリープ

記事を読む

神戸トヨペットがプリウスPHVのデザイン・アイデアコンテスト開催中です!

神戸トヨペット   神戸と言えば阪神大震災の被害が思い出されます。あの震災以降

記事を読む

トヨタに昂ぶる、トヨタを愛する

大人になって本当に心から欲しいと思ったのはハリアーかな。それも初代のハリアー その頃はとても買

記事を読む

 WRCイタリア 超速報!TOYOTA勢が調子良さそうだ!

WRCイタリア 【RALLYPLUS.NETより】 WRC第7戦ラリーイタリア・サルディ

記事を読む

Sponsored Link



Comment

  1. […] 2017年から復帰したWRCラリー。開幕戦は1月20日から22日のモンテカルロ・ラリー。楽しかったですね。今やRed BullTVで見えますから。オンボードカメラもあって。アカプリ子大興奮でした。 しかし良く18年ぶりの再戦で2位になりましたね。1位がセバスチャン・オジェ2位がヤリー・マティラトバラ。昨年までVWポロで頑張っていた2人ですね。 セバスチャン・オジェも今回のラリー1ヶ月前にドライバーとして決まり、ヤリ-マティ・ラトバラも時間が無かったですから良くこの結果になりましたね。 しかしマシンはなんでVitzがベースなんでしょ?って最初思いましたね。ヨーロッパではヤリスですけど。「YARIS WRC」しかしレースが進むに連れ強いとわかるとカッコ良く見えるのはどういう事でしょう。人間とは都合の良い生き物です。 昔活躍していたセリカが好きでした。このようなクーペスタイルは今は流行らないみたいですね。空力的には優位の様な気もしますが。   特にこのヒップデザインは素敵ですね。あまり走るときにはこのアングルからじっくりは見えないですが 表彰式にはこの様にハッキリ見えてますね。 <carview.yahoo.co.jpより> 2017年1月22日(日)、FIA世界ラリー選手権(WRC)開幕戦、ラリー・モンテカルロの最終日DAY4がモナコを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racingのヤリ-マティ・ラトバラ(YARISWRC)が2位でフィニッシュ。ユホ・ハンニネン(YARISWRC)は16位で完走を果たした。その結果、TOYOTA GAZOO Racingは18年ぶりのWRC復帰戦で、マニュファクチャラーズ選手権ランキング2位となった。ちょっと気が早いが・・・・。 かつて三菱ランサーエボリューション、スバルインプレッサで大いに盛り上がった国内でのWRC人気。再びブームが再燃するのか?ラリーはマニア層が多くメーカーにつくファンも多い。TOYOTAもWRCの歴史は古く、待ち焦がれるファンも多くいるのは間違いない。このボディウムをきっかけにラリー北海道復活か?   ラリー・モンテカルロの競技最終日のDay4は、モナコの北側に広がるフランスの山岳路が戦いのステージ。2本のコースを各2回走行する全4SSの合計距離は53.72kmと短く、さらにSS16が観客の安全確保が出来ないという理由によりキャンセルされたため、最終的には3本のSSで戦われることになった。 ラリー・モンテカルロでは最終的に「何か」が起きることが多く、とくに難所チェリ二峠は、過去に多くの上位選手がリタイアするなど劇的なドラマの舞台となってきた。そのためTOYOTAGAZOORacingのクルーはフィニッシュまで集中力を絶やすこと無く全力で走行。2位につけていたライバルがマシントラブルでくれたこともあり、ヤリーマティ・ラトバラは前日よりもひとつの順位を上げ、TOYOTAのWRC復帰戦を2位という望外の結果で締めくくった。 またユホ・ハンニネンはパワーステージに指定された最終のSSで3番手タイムを刻み、ボーナスのドライバーズポイントを獲得Day2でのリタイアによる遅れを印象的な走りで取り戻し、総合16位で完走を果たした。 ■トミ・マキネン(チーム代表)我々は今シーズンを開発の年ととらえていたので、あまり大きな期待を抱かないようにしていたのですが、今回のラリー・モンテカルロは自分たちの期待をはるかに上まわる、素晴らしい結果となりました。我々は経験豊かなチームではありませんが、完璧に近い戦いをすることが出来ました。今年のモンテカルロのSSは路面状態が一定ではなく、非常に難しい走行条件でしたが、選手たちはうまく対応してくれました。ラリー中、ヤリ-マティのマシンにはセンサートラブルが発生し、コース上で一度エンジンが止まってしまったら、再スタートが出来ないかもしれないというプレッシャーを感じながら彼は走る続けたのです。ヤリーマティは素晴らしい仕事をやり遂げました。 ■嵯峨宏英(チーム副代表) WRC復帰初戦を、期待以上の結果で追われたことに、本当に嬉しく思います。本音を言えば、もっと後にこの想いに至るだろうと思っていました。ここまで車を造ってくれたチームのみんな、そして過酷なラリー・モンテカルロの道でYARISWRCを無事にゴールまで届けてくれた4人のドライバー、コ・ドライバーたちに感謝の気持ちを送ります。また、この結果は18年ぶりの復帰を心待ちにし、応援し続けてくれたファンの皆様の想いに支えられたものです。 実際沿道で2台の走りを見守った時「トヨタ!トヨタ!」「ガズー!ガズー!」という大きな声援が聞こえ、私自身、とても胸が熱くなりました。ご声援頂いたファンのみなさま、本当にありがとうございました。競技2日目を終えた時、ラトバラ選手は「走れば走るほどYARISは良くなる」と言い、その日リタイアしたハンニネン選手も「今後のセットアップのためにもきちんと走りきりたい」と言ってくれました。 YARISをもっといいラリーカーにするために、これからもラトバラ選手、ハンニネン選手そして彼らのコ・ドライバーたちと走り続けたいと思います。そして「王者TOYOTAが帰ってきたね}とみなさまに言って頂ける日を1日でも早く迎えられるよう、これからもトミ・マキネンと私ども、トヨタは心ひとつに前に進んでまいります。   しかし嬉しいですね。 トヨタの社長豊田章男氏が数年前WRCラリ-見物の時に一ファンから言われたひとこと「トヨタはいつ復活するんだ」それが無かったら実現しなかったと想うと感無量ですね。まだたくさん試合ありますから楽しみです。 口座開設 にほんブログ村 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link



森林を綺麗にするためにチェンソーを購入した。

実家は標高358Ⅿ~500Ⅿのところにあり昔はその急傾斜地に田んぼが

アカプリオこと赤いプリウスPHVのタイヤをスタッドレスタイヤからサマ

おお!これはスバルのCH-Rとも言えるようなデザインですね。VIZIVアドレナリンというらしい。このブログのアドレス。トレンドアドレナリン(TREND ADRENALINE)だから取り上げました。スバル好きですしね。

プリウスPHVの前はスバルのレガシィツーリングワゴン2000

TOYOTAオイット・タナク今年初優勝!!強い!!

TOYOTAGAZOOracingのオイット・タナク昨年まで

WRCラリースウェーデン速報。TOYOTAオイット・タナク優勝は目前か???

【SS16速報】Torsby Sprint (2.80 km

→もっと見る

  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0