18年振りに復活したトヨタWRCラリー用YARIS WRC大図鑑だよ。

知らぬ間にYARIS WRCの大図鑑が出来てましたね。簡潔にわかりやすく作られていますね。

 

写真も文も頂きますね〜

世界中のあらゆる道が戦いの舞台となる世界最高峰のレースWRC。トヨタGAZOORacingは、その過酷なレースに勝つために、常に究極のクルマづくりをおこなっています。

2017年の新ワールドラリーカー規定にに基いて開発されたYARISWRC、見かけはVitzと瓜二つだけど、中身はWRCを戦い抜くためのモンスターマシン。そんなYARISWRCの秘密に迫ります。

YARISWRC=ヴィッツなの!?

「ヤリス」は「ヴィッツ」の海外での名前。WRCを戦うYARISWRCはヴィッツをベースにWRカーに仕立て上げたクルマなのです。ボディの大きさや車両重量、エンジンの搭載位置など、クルマの性能を決める主要な要素については、ルールで改造できる範囲が厳しく制限されています。つまりベース車両の持つ特性が、競技車両にも大きく反映されるみたいですね。

それでカッコの良い86はベースにならなかったのかな。カッコは86ベースの方が余程良かったと思いますけどね。

ただYARISWRCの場合ベース車が何かわからないくらい変更してありますからかっこよろしいですよね。

大きく張り出したサイドシル(ドアの下の部分)巨大なリアウィングなど、大迫力のエアロパーツに身を包んだYARISWRC。その形状にはひとつひとつ重要な役割があります。

前方がえぐられたサイドシル(ドアの下の部分)は、車体と地面の間に入り込んだ空気をサイドに逃して、車体の浮き上がりを抑えます。

二重になったリアウィングはルーフに沿って流れた空気を捉え、強力なダウンフォース(地面に押さえつける力)を発生。空気の力によってタイヤを地面に押さえつけることで、エンジンから絞り出される大出力を可能な限り路面に伝えます。

 

この後ろの穴は好きですね。ヒュンダイなどと比較するとかなり複雑ですが、とても好きです。真後ろからの姿が一番美しくて力強さがあって好きですね。

HEADLIGHT

競技用ヘッドライト

道路の起伏を描き出す6連ライト

 

競技が夜間に行われる場合は、ほとんど灯りのない真っ暗闇の中を時速200km近くで駆け抜けていかなくてはなりません。そこでボンネットの上に「ライトポッド」を装着。6つのライトと左右のコーナーリングライトで進路を照らします。一般車のヘッドライトより遠くまで、道路の起伏をわかりやくす描き出すような配光が工夫されています。

COLORING

カラーリング

ボディ形状を引き立たせる特注カラー

TOYOTAGAZOO Racingの赤と黒、白を用いたアグレッシブなデザインが、YARISWRCのスポーティーさをさらに引き立てます。前進に貼り付けられたロゴは、パートナー企業のもの。

多くのパートナーがあって、1台のWRカーができあがるのです。

 

INTERIOR

内装

写真が取れない。まあ凄いバケットシート。

ムダなものは一切ない、走りに特化した空間

高級感のあるダッシュボードや上質なスイッチは、WRカーには必要ありません。軽量化のため、すべての内装は取り外してあります。

ロールケージが張り巡らされて室内に剥き出しのパーツが設置された空間は、まさに戦いの場という雰囲気。

 

SEAT

シート

ドライバーの体型に合わせて作るカスタムメイド

WRカーは2人乗り。重量配分を考え、2つのシートが前後方向のちょうど真ん中付近に固定されています。なるべく重心を低くするため、コ・ドライバーの座る助手席は、ドライバー席よりも低く設置。フロアすれすれに座ります。

それでか〜?どおりでヤリーマティラトバラの座高が高いと思いましよ。ぐつ悪そうとも。重心でコ・ドライバーが極端に低いところのいるんですね。

ドライバーの体を支えるシートは、各ドライバー向けのカスタム仕様。ドライバーの身体に合うようにひとつひとつ調節されています!

 

AIR CONDITIONER

エアコン

天井から取り入れる風がエアコン代わり

RALLYに必要ない装備は一切なし。ということで、もちろんWRカーにエアコンはありません。

さらに、ドアの窓も市販車のように大きく開かない構造。そこで屋根に取り付けられた空気取り入れ口(ルーフベンチレーター)からの外気で室内を冷やします。

さらにシート脇には、トレーナーが用意したスポーツドリンクを入れた水筒を装備。いつえもストローで飲めるようになっています。

 

労働環境としてはあまり良くないですね。でもそれだけ活躍したらお給料が良いのでしょうね。セバスチャンオジエなんかはいったいいくらもらってるんでしょうね。VW時代はすごかったでしょうね。

CAR NAVIGATION

カーナビ

カーナビならぬ人ナビ!?コドライバーのナビゲーション

WRカーには市販車のようなカーナビは付いていませんが、その代わりに優秀なコ・ドライバーが道案内。コ・ドライバーはドライバーとともにコースを事前に下見して(レッキと言うそうです)、カーブの大きさから路面状態まで詳細にチェック。ペースノートと呼ばれる自分専用のメモを創ります。レースのときは、現在位置に合わせてペースノートを読み上げ、ドライバーに道路状況を逐一伝えます。コ・ドライバーの道案内があるからこそ、ドライバーは安心して先の見えないカーブを猛スピードで疾走出来るのです。

いったい何をしてるのかと今まで想ってましたよ。しかしその情報であれだけ飛ばせるのが凄いです!ENGINE

エンジン

380馬力オーバーのモンスターエンジン

YARISWRCは、1.6リットル直噴ターボエンジンを搭載。ヴィッツに近い小排気量にも関わらず、その出力は、なんと380馬力以上。4リットルクラスの自然吸気エンジンに匹敵するハイパワーです。

パワーだけでなく、長く過酷なコースを走りきるだけの耐久性も兼ね備えています。

モンスターマシンだけど、WRカーの運転はそんなに難しくありません。マニュアル車の運転ができれば動かすことが可能です。一般的なスピードで走らせる分には特別な技術は必要ありません。

幅広い環境を走らせるWRカーは「乗りやすさ」も重要なんです。

テストドライブの後、メカニックやエンジニアが運転して帰ることも多々あるそうです。

SUSPENSION

サスペンション

大ジャンプにも耐える、超高性能サスペンション

舗装路、未舗装路、そして雪道など、悪路を猛スピードで走るために専用開発のサスペンションを搭載。その高い性能の一端は、ジャンプを見ればわかります。40メートル近い大ジャンプをしても、着地の衝撃をしっかりと吸収。何度も無かったかのように走り続けます。

BRAKE

ブレーキ

コースに合わせてブレーキを選択

コースや路面の状態によってブレーキに求められる性能は異なります。舗装路(ターマック)では制動力が強いブレーキディスクを装着。一方路面が滑りやすく大きな制動力を必要としないグラベルでは、ターマックよりも小さなブレーキディスクを装着します。

ききゃあ良いもんでは無いようですね。

SEAT BELT

シートベルト

強力なシートベルトで全身をがっちり固定

フル加速やハードブレーキング、高速でのコーナーリング、そして大ジャンプと、前後左右上下、あらゆる方向から大きな力が加わるWRカー。どんな状況でも正確に運転するため、肩、腰、そして大腿部を固定するシートベルトでドライバーをしっかりとシートに固定します。

HELMET WEAR

ヘルメット・ウェア

WRラリーカーにエアバッグはありません。その代わり、ドライバーとコ・ドライバーは、ヘルメットに加えHANSシステムとなる首を保護する装備も装着。さらに燃えにくい素材でできた、Racingスーツを着用し、万が一のアクシデントに備えて万全の装備をします。

この辺りは日進月歩ですからね。モトGPやF1で亡くなる人もテレビで多くみたけど今はこのあたりの安全装備で少なくなったのでは無いですかね。

ROLL CAGE

ロールケージ

クルーを守る頑丈な鳥かご

WRカーの車内をのぞき込むと、車内に太いパイプが張り巡らされています。これはロールケージと呼ばれ、万が一の横転(ロール)時などに、車内空間を確保するケージ(鳥かご)

ルールで装着が義務付けられています。このケージが安全を守ってくれるからドライバーは安心して狭い道を猛スピードで走り抜けることが出来るのです。

随分分かってきましたね。コ・ドライバーの案内を初め安全装備があるからこそあそこまで飛ばせるんですね。少し分かったし安心しましたね。

MAINTENANCE

TOOL

車載工具

走行中のトラブルはみんなドライバーが応急処置

走行中のアクシデントに対応するため、工具、スペアタイヤ、消化器などの搭載が義務付けられています。競技中に故障やパンクなどのアクシデントが発生した場合は、基本的にメカニックが助けることは出来ません。ドライバーとコ・ドライバーが協力し、自らのマシンを修理して走行を続けることもあります。

既にヒュンダイのドライバーなどが修理現場を見せてますよね。メカにも強くないと行けないというのが良いですねえ。クルマ愛がふかまりますよおお。

MECHANIC

メカニック

足回り交換は5分程度!整備性も大事な性能のひとつ

悪路を走るRALLYでは走行中に障害物にヒットしたり、マシンにトラブルが発生したりすることも少なくありません。そんなときは次のスタート時間までの短時間で大急ぎの修理がはじまります。

WRカーは修理や装備がし易いよう設計段階から考えられています。例えばナットを締める箇所には工具を差し込む隙間も必要なので確保。短時間で修理やパーツ好感が出来るよう考えられています。このため、訓練されたメカニックなら5分程度でフロントの足回り一式を交換してしまいます。

普段は一般車が行き交う舗装路から、荒れた砂利道から雪道まで。世界中の道路を舞台に戦う世界最高峰のレースWRC。走行性能はもちろんのこと、あらゆる路面に対する柔軟性や、最後まで走りきる耐久性など、クルマのの総合力が問われます。そして、それこそがクルマを磨き上げるたまに最高の試練となるのです。

「もっといいクルマ」を作るために。それが、TOYOTAGAZOO Racingがこの過酷なレースに挑戦する理由です。

と長々と書きましたね。全部コピペやないですお。

間違いが多いからわかりますよね。

そんなTOYOTAの応援しましょうね!

Sponsored Link


関連記事

トヨタ GR HV CONCEPT

トヨタがWEC 世界耐久選手権に出てる TS050ハイブリッド 今年はとても早くてポルシ

記事を読む

WRCラリー・メキシコ トヨタのメキシコ初走行は4番手。ラトバラ「満足のいくセットに仕上げた」

WRCもなんと18年ぶりの復帰のトヨタ。なんとなんとですよ。第2戦で優勝してしまいましたね。ヤリーマ

記事を読む

ジャガー・ランドローバー 5割を電動自動車へ 2020年には

イギリスの高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー。 今やインドのタタ自動車の子会社ですが

記事を読む

ラリー+が早くもラリー・モンテカルロ号を送って来てくれた。

プリウスphvを注文して首を長くしてます、もうすぐ平成28年の1月も終わり、2月になり2月15日が発

記事を読む

WRCアルゼンチン超速報!!SS3までラトバラ3位。 

WRCrallyアルゼンチン アカプリ子のあCaplio事赤いプリウスphvは後10日あまりで

記事を読む

WRCラリー・メキシコ セバスチャン・オジエ逆転で優勝。やはり強いね!!オジエ!!

プリウスphv画像!小さい!! 画質を最低から2番めの設定にしてました。 まだまだ慣れな

記事を読む

WRCRallyモンテカルロも今月から始まる!4メーカーとも準備は良いか?今年はドライバーズチャンピオンもトヨタから。オット・タナク頑張れ!!!じっくり楽しむにはこれ!

月日が経つのも早いもので早くもWRCRallyの初戦 WRCRally・Monte Carloもも

記事を読む

TOYOTAランドクルーザーはドバイの砂漠でも活躍していた。

友人からメルマガでドバイ旅行の旅日記が届いた。羨ましいなあ。アカプリ子には時間が無いしなあ。

記事を読む

WRCアルゼンチンSS16SS17速報

WRCアルゼンチン超速報 本日22時29分 ついさっき16SSまでの結果が出ましたね。

記事を読む

NISSAN GT-R。開発から10年。熟成されてきましたね。とてもいいクルマになってきたけどもうモデル末期ですか?次はphvですか?NISSAN!造り続けて欲しいクルマNO1.

日産GT−R 日本製の代表的スポーツカーです.既に10年経過しているのですね &

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0