トヨタ GR HV CONCEPT

トヨタがWEC 世界耐久選手権に出てる

TS050ハイブリッド

今年はとても早くてポルシェにも勝ってるけど

ルマンではどうしても勝てません。

 

勝つ前にライバルたちがどんどん撤退が決まり

来年にはそのポルシェも撤退ですね。

 

VW傘下ですからね。ポルシェは

しかし一時期ポルシェの下にVWが存在していたこともあったんですよ

あまりにも大きすぎて逆になりましたけどね。 しかしこのTS050ハイブリッドを彷彿させる

GR HV スポーツ CONCEPTというのがモーターショーに出て

注目されていますね。

 

 

TS050を彷彿させると言いながら似ているのは

ライト周りだけですけどね

YOU TUBEに動画も出ていますからどうですか?

主な特徴
  • TOYOTA GAZOO Racingが世界耐久選手権(WEC)で戦うハイブリッドレーシングマシン「TS050 HYBRID」を想起させるデザイン
  • トヨタ伝統のオープンスポーツ「トヨタスポーツ800」(通称・ヨタハチ)や、「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイル
  • 「TS050 HYBRID」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載
デザイン
  • ピュアスポーツカーとして機能性を徹底的に追求すると同時に、TS050 HYBRIDをイメージさせるLEDヘッドランプやアルミホイール、リヤディフューザーを採用。トヨタモータースポーツとのつながりを感じさせるデザインとした
  • 力強さと迫力を感じさせるマットブラックをボディカラーに採用
インテリア
  • センタークラスターにオートマチックのギアポジションスイッチを配置し、レーシーな雰囲気を演出
  • プッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に設置し、遊び心を持たせた
このスタートスイッチ ベンツの真似ですけど
カッコイイです。
戦闘機みたいでですね。
カッコイイけど若者受けしますかね?
前出のTJクルーザーの方が
面白くて使いみちが多くて若者受けしそうですね。
動画もこちらからもらってます。
ゴメスさんですね。
しかしトヨタの冒険心は良いですね。最近の
LEXUSも良いですね。冒険してて
お値段も大冒険ですけどね。
ホント「もっといい車をつくろうよ」のスローガンの元
頑張っているけどね。
ただこの様に個性のある構成ので高いクルマがセールスに繋がるかどうかは別ですからねえ。
売りたいものが売れるとは限らない。
良いものは売れる可能性は高いけどお値段との兼ね合いもありますしね。
わたくしのプリウスPHVも少しづつは目につくようになりましたが
まだまだですね。
ブログを見た方からプリウスPHV
センターディスプレイの電池残量を%表示に
変える方法を教えて頂きました。これもブログ効果ですね。ありがとうございます。
昨日の電費は6.6km/kwh
夏の間は9.6km/kwhですから寒くなってかなり電費が悪くなっております。
しかしハンドルヒーターとかシートヒーターの心地よさは半端ないです。
値段がもう少し安ければってところがありますね。
太陽光発電ユニットが28万800円しますから400万超えましたしね
Sナビパッケージですけど
そしてこの太陽光発電イマイチの発電量ですしね。
もう少し安ければお値段と性能がバランスが良いと言えましたけどね
しかし色んな装備を積み重ねたらこんなもんでは無いですよね。
安全装備とか快適装備が昔のクルマと比較したら半端なく違いますね。
プリウスPHVもオススメですよ。
こんな感じで少しスポーツカーにも見えないことは無いです。
カッコいいです。
<トヨタとこのブログにポチッとお願いします>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください