プリウスHVのデザイン。テールもいまいちだわ。テールもプリウスphvの方が良いね。これで安心して乗れる。

50系プリウスハイブリッド。4代目です。あの尖がった目と分割された鳥居の様なテールランプと評判悪かったのでそこを中心にリデザインしてきました。しかしzvw52のプリウスphvも50系のプリウスhvをリメイクしたもの。悪いところを全部治してデザインしてきて。

赤プリ子的にもヘッドランプ。

あの研ナオコの真似をした清水アキラの様なヘッドランプだけは許せなくて

そして夜ライトを付けたときのテールランプの形が 分割された神社の鳥居みたいで縁起も悪くその2つだけは許せなかった。

近所にもこの形のプリウスhvはいるけど。グレーかな学校の先生でいかにも本人を車にしたような真面目そうな色だけど。すでにスタッドレスに交換していた。お外は25度もあるというのに。

まあなんやかんやで許せないとこが克服されていたので購入はしたのですが

もう一つ許せないのは単純なRを描いた。フロントのドア。フロントのドアのカーブが嫌い。最近ではマツダの3次元曲線を見ると圧倒的にマツダの方が美しい!!!ここは許せないなあ。いつも思う。安っぽいカーブだと。

それでも430万円しても購入したのですが、ちょっと高いですよね。いくら280800円のソーラーパネルがオプションで付いていたとしても。

380万円くらいと想像していたのですが、おそらくベースのHVよりかも80万円くらい高くなっちゃいました。まあリチウムイオンバッテリーだけでも100万円くらいすると言ってますしね。家庭用の蓄電池でもまた5kwhでも100万円しますからまんざら嘘でも無いです。そしてエアコンはガスインジェクションヒートポンプだし。良くわかんないけど、マイナス温度からでもヒートポンプで暖房すると言うことでしょうか?

確かにリーフなどの電気自動車など極端に冬弱いですから。リーフの初期型は200㎞の巡航距離があると書いてましたが暖房時は100㎞くらいしか走らない日もあるって近所のタクシー会社さんが言ってましたし。

私も三菱のi‐MIEVで電欠の痛い目に2度程合いましたね。暖房にヒーターを使うとテキメンですから。それでヒートポンプ技術を活用したと思うのですが少し温度を上げるとうるさいですね。コンプレッサーの音が。まあ日頃のモーター音が静かですからね。

ここで発表されました、マイチェン版のプリウスhv。

フロントに比べてリアはよりオーソドックスに仕上げました。少し30系の大ヒットしたプリウスhvに似てますけど。プリウスphvなどに比較してとてもフツーに仕上げています。まあプリウスhvはTOYOTAを代表する車ですから。

「もっといい車を造ろう!」という豐田章男社長の号令の下

TOYOTAは良い車を造ってると思いますよ!https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/text/leaping_forward_as_a_global_corporation/chapter5/section4/item1.html

最近のレクサスは良いし。ハイラックスなんかも復活したしね。

ほんと良い!!しかしプリウスのおける立場や位置。からして50系のマイチェン前のプリウスhvだけは頂けませんでしたね。

次のモデルに期待ですか?

赤プリ子も次のモデルは全個体電池の電気自動車だと思っているのですけどね。

どうなりますやら。

http://xn--phv-yi4bud5h3e.com/

プリウスphvの燃費や充電方法はこちら。
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください