豐田章男社長コメント全文

WRCトルコ:「努力してくれた全てのチームメイトを誇りに思う」豊田章男社長コメント全文

またまた全文ラリープラスネットより。ラりプラメンバーズなので許してね。

https://www.rallyplus.net/wrc

RALLY PLUS · 2018-09-17

©TOYOTA

9月16日(日)、WRC第9戦ラリートルコの競技最終日がマルマリス近郊で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのオット・タナクがラリーフィンランド、ラリードイツに続く3連勝で今季4勝目を飾った。また、ヤリ-マティ・ラトバラも今季自己ベストとなる総合2位でフィニッシュし、ヤリスWRCが1-2フィニッシュを達成した。

暑くてラフな厳しいコンディションに、多くのライバルたちが脱落していった今回のラリー。3台のヤリスWRCにも細かなトラブルは発生していたものの、走行不能となるような大きな問題には至らず、マシンの高い信頼性と強靭さが1-2フィニッシュという好結果に繋がった。チーム総代表の豊田章男は、これを受けて次の声明を発表した。

「フィンランド、ドイツに続き、TOYOTA GAZOO Racing WRTは3戦連続で素晴らしい結果を得ることができました。応援いただいている全世界のファンの皆さま本当にありがとうございます。トルコの戦いは、大きな石も転がる荒れた路面、高い気温など…車体、エンジン、タイヤなどクルマを構成する全てに想像を超える厳しさがある道でした。その道を走りきり、素晴らしい結果と共にヤリスをゴールまで運んで来てくれたドライバー、コドライバー、そして、それを支えたチームのみんなにも感謝したいと思います。みんな、ありがとう。そして、おめでとう。

ゴールまで戻ってきてくれたヤリスも終始万全ということはありませんでした。いずれのヤリスも、各々トラブルを抱え、ドライバーは安心して思いっきり走れる状態ではありませんでした。トラブルを補うよう運転に神経を使い、サービスにクルマを戻し、エンジニア、メカニックと共に改善して、再び道に戻る、その繰り返しで到達したゴールです。また、2位のポジションで3日目を終えたラトバラ選手はチームメイトとチームのために最終日に臨んでいくと自ら話してくれました。こうしてチームみんなで掴んだ結果を本当に嬉しく思いますし、タナク選手、ヤルヴェオヤ選手をはじめ、努力した全てのチームメイトを誇りに思います。

このチームにおいて、我々トヨタ自動車の仕事は、ドライバー達がもっと安心して走れるクルマをつくること。この素晴らしいチームメイトと共に更なる喜びを分かち合うため我々はもっといいクルマづくりを続けてまいります。ファンの皆さま、引き続き、応援よろしくお願いいたします」

TOYOTA

  • ここでやはりWRCのポイントを整理しますが、写真はラリープラスネットからです。

何度も書きますがラりプラメンバーズなので許してね!

http://rallyplus.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2056501&csid=0

ここでチームポイントはヒュンダイを抜いてトップ。ドライバーズチャンピオンシップも5位までにオット・タナク エサペッカ・ラッピ ヤリーマティ・ラトバラとも入ってるからこの結果になってるんでしょう。フォードは1人ですし。セバスチャン・オジエの3位。ヒュンダイはティエリー・ヌーベルが1位ではあるけれどもミケルセンがやっと6位ですしね。あんなにリタイヤのイメージがあるヤリーマティ・ラトバラも5位ですから、トップ3には今年は無理でしょうけどTOYOTAというチームのためには十分貢献しております。

2位のオット・タナクと1位のティエリー・ヌーベルともたったの13ポイント。3位のセバスチャン・オジエとも10ポイントですからチャンピオンシップはこの3人に絞られたことは間違いないのですがまだまだ誰がチャンピオンになってもおかしく無いですね。しかし、前半は振るわなかったけど、ここ3連続優勝しているTOYOTAのエンジンが仕上がって来ているので楽しみです。まあマシン全体がですが。しかしここトルコはタイヤの消耗などが激しくほんとどのマシンも苦しかった様です。次も期待します。

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村

WRCトルコ TOYOTA オット・タナク ヤリーマティ・ラトバラ1−2位フィニッシュ

またまたTOYOTAオット・タナクやりました。ここまで苦しんでいたヤリーマティ。ラトバラも2位に入りました。素晴らしい!!!

【SS17速報】Marmaris 2 (Power Stage) (7.14 km)
1. T.ヌービル(H) 4:59.5 
2. S.オジエ(F) +1.7 
3. O.タナク(T) +3.9 
4. J.ラトバラ(T) +6.5 
5. E.エバンス(F) +8.0 
6. M.オストベルグ(C) +11.1 

【After SS17 of 17】
1. O.タナク(T) 3:59:24.5 
2. J.ラトバラ(T) +22.3 
3. H.パッドン(H) +1:46.3 
4. T.スニネン(F) +4:10.9 
5. A.ミケルセン(H) +7:11.7 
6. H.ソルベルグ(S) +13:40.6 

トヨタのオット・タナクが今季4勝目を飾りました。
次戦、WRC第11戦ラリーGBは10/4-7に開催されます。

これでラリー・フィンランド〜ラリー・ドイツ ラリートルコとオット・タナクは3連勝ですね。これでTOYOTAとオット・タナクのパフォーマンスの仕上がりが証明されてきたと言うものです。

まだ18年ぶりにWRCの世界に復活して2年。よくぞここまで復活させて来ました。

WRCから撤退して10年以上も経過していたのに

ヨーロッパでWRCを観戦していた豊田章男社長にTOYOTAフアンから「TOYOTAの復活はまだか?」との質問に応え復活させた豊田社長は素晴らしいです。ここでチームランキングはトップ。ドライバーズポイントも2位になるでしょう。オット・タナクはヒュンダイチームのティエリー・ヌーベルが依然として1位。2位にはオット・タナク 3位にセバスチャン・オジエでしょう。

2年目でこの成績すばらしいです。オット・タナクはセバスチャン・オジエと同じMスポーツで頑張ってきたけど今年からTOYOTAですから。移籍が正解だと云うことでしょう。次はWRCGB、WRCスペイン、WRCオーストラリアと3戦ですけど、今回のリザルトで1位も夢では無くなりました。俄然面白くなりましたよ。

にほんブログ村 車ブログへ


にほんブログ村

WRCトルコ速報!!

WRCトルコ:ヤリスWRCのタナクが首位浮上、ラトバラが2位につけ最終日へ

RALLY PLUS · 2018-09-16  全文ラリープラスさんからの引用です。すいません。ラリプラメンバーズなので許してね。しかしここでもTOYOTA調子良いですね。このままいけばチームも1位だし。オットタナクもセバスチャン・オジエを抜いて単独2位に浮上。ティエリーヌーベルの1位まで肉薄しますね。

本日日本時間の昼からです。夕方には結果が出てますね。楽しみです。

<写真も文もラリープラスネットから>

WRC 世界ラリー選手権

©TOYOTA

9月15日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリートルコの競技3日目、デイ3がトルコ南西部のマルマリスを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合首位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合2位にポジションを上げた。エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組は、コースアウトによりリタイアとなったが、チームはサービスでクルマを精査した上で修復を行い、ラリー2規定に基づきデイ4での再出走を目指すとしている。

マルマリスの西側エリアが戦いの舞台となったラリートルコのデイ3は、悪路でクルマが壊れリタイアが続出する、サバイバルラリーとなった。タナクとラトバラは、路面が荒れていた前日のデイ2でクルマを労るクレバーな走りを実践し、ラトバラが総合4位に、タナクが総合5位につけていた。ふたりはデイ3でも同じようなアプローチで走行。午前中のステージでティエリー・ヌービルがトラブルにより後退し、タナクは総合2位、ラトバラは総合3位に浮上した。そして、午後最初のステージで首位のセバスチャン・オジエがトラブルにより遅れた結果、タナクは首位に、ラトバラは総合2位にポジションを上げ1日を終えた。

トミ・マキネン(チーム代表)
「今日のような展開は、しばらくWRCではなかったと思います。とにかく色々な事が起こり、すべてのドライバーとクルマが困難な状況に見舞われました。また、高い気温と荒れた路面により、タイヤの摩耗に関してもかなり厳しい1日でした。もはやサバイバルラリーだと言えますが、我々は非常に良い位置につけています。ラトバラとタナクはここまでの所難局を上手く切り抜けています。エサペッカは、ペースノートの情報がやや楽観的過ぎたのでしょうか、ほんの小さなミスでリタイアとなってしまいました。まったく新しいラリーのステージでは、このような事が起こり得ます。明日は、最後まで上手く行くように願っています」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「我々にとって良い1日でした。特に午後はフィーリングが良く、全体的にクルマは上手く動いてくれました。このラリーではドライビングの微妙な限界域を見極める必要があります。路面のグリップが良い所では限界まで攻める事が出来ますが、石が多かったり凹凸が激しい路面ではクルマは簡単にダメージを負ってしまうので注意しなければなりません。明日は心を冷静に保ち、一貫性のある走りを続ける事が重要だと思います」

TOYOTA

オット・タナク
「全体的にとてもポジティブな1日だったと思います。このラリーで勝つために重要なのは速さではなく、信頼性と問題を起こさない事だと私は最初に言いました。私とヤリ-マティは大きな問題を抱える事無く走り、そして現在この順位につけているので、順調だと言えるでしょう。ただし、明日はまだ4本ステージが残っていますし、今日の予想外の展開を鑑みると、色々な事が起こる可能性があります。最後まで集中力を失わなず、良い結果を持ち帰りたいと思います」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「非常に困難な午前中となってしまいました。日中のサービス直前のステージで、ペースノートに記したコーナーの情報が少し甘かったため、フィニッシュまであと2kmという所でラインが膨らみ、路肩にスタックしてしまいました。クルマには問題はなかったのですが、コースに復帰する事ができず、それから20分後にクルマが路肩から滑り落ちてしまいました。できれば明日は再出走し、このラリーでの走行距離を増やしたいと思います」

TOYOTA

WRCトルコ デイ3の結果
1. オット・タナク/マルティン・ヤルベオヤ トヨタ・ヤリスWRC 3:34:22.5
2. ヤリ‐マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ トヨタ・ヤリスWRC +13.1

3. ヘイデン・パッドン/セブ・マーシャル ヒュンダイi20クーペWRC +1:10.5
4. テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ フォード・フィエスタWRC +3:22.2
5. アンドレアス・ミケルセン/アンデルス・ヤーゲル ヒュンダイi20クーペWRC +6:25.4
6. ヘニング・ソルベルグ/イルカ・ミノア シュコダ・ファビアR5 +11:55.5
7. エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット フォード・フィエスタWRC +16:49.0
8. ヤン・コペッキー/パベル・ドレスラー シュコダ・ファビアR5 +17:05.9
7. エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット フォード・フィエスタWRC +16:49.0
8. ヤン・コペツキ/パヴェル・ドレスラー シュコダ・ファビアR5 +17:05.9
9. シモーネ・テンペスティーニ/セルジュ・イトゥ シトロエンC3 R5 +17:50.4
10. クリス・イングラム/ロス・ウィトック シュコダ・ファビアR5 +18:38.2

14. エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ・ヤリスWRC) +28:52.2

Tags: i20TOYOTA GAZOO RacingWRCアンドレアス・ミケルセンエサペッカ・ラッピエルフィン・エバンスオット・タナクシトロエンシュコダセバスチャン・オジエティエリー・ヌービルトミ・マキネントヨタトルコヒュンダイファビアフィエスタフォードヘイデン・パッドンヤリ‐マティ・ラトバラヤリスヤン・コペッキー

WRCトルコ超速報!

WRCトルコのSS7までの超速報!ですね。オット・タナクもやっとトップをとりましたが、総合では苦戦しています。

Rallyプラスネットからの画像

どうもレギュレーションの関係で旧いタイプのエンジンを搭載しているらしいですね。すべてのレースで新しいエンジンやパーツを投入できれば良いのですが

そうすればたくさんのお金を持つチームが勝ちますから、多くのレギュレーションがあるみたいです。


9月13日、トルコ・マルマリスの市街地ステージで開幕したWRCラリートルコで、TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリスWRCは、フィンランド、ドイツ連勝の原動力のひとつとなった新スペックのエンジン(スペック5)ではなく、今年のモンテカルロからサルディニア(イタリア)まで使用していた旧スペック(スペック4)で走行している。これには、WRCのスポーティングレギュレーションに定められた年間のエンジン使用基数制限が影響している。
レギュレーションでは、ひとりのドライバー(カーナンバー)につき、1シーズンで使用できるエンジンの基数は3基まで。それを超えて使用すると当該ラリーでペナルティが課される。(ただし、前のラリーでリタイアした場合は、年間2基まで新品エンジンを投入することが可能。加えて緊急事態用の特別措置もある)。つまり、3+2までエンジンを使用可能なわけだが、トヨタの3台はフィンランドでスペック5を投入した時点でいずれもこの規定で定められた最後のエンジン投入となった。このままいくと、フィンランドから最終戦のオースラリアまで(リタイアしない限り)6つのラリーをひとつのエンジンで戦うことになってしまうが、それではエンジンに対する負荷が上がってしまう。そのため、サルディニアまでに使用したエンジンをどこかで再登場させる必要が生じたというわけだ。さらには、一度新スペックを搭載したシャシーには旧スペックを搭載できないという規定もあり、考慮の末にトルコでのスペック4の再投入となった。
年間13戦を考えれば、計算上はスペック5の投入を少し遅らせることが理想だったが、フィンランドはトヨタにとってシーズンのなかでも重要なイベントであり、その後のラリーで旧スペックに戻すことを覚悟しての新スペック投入だった。


https://www.rallyplus.net/53903

1. O.タナク(T) 10:22.3

2. E.ラッピ(T) +2.6

3. S.オジエ(F) +6.1

4. T.ヌービル(H) +6.9

5. J.ラトバラ(T) +9.1

6. A.ミケルセン(H) +11.4

7. H.パッドン(H) +14.3

8. C.ブリーン(C) +14.8

9. T.スニネン(F) +18.9

【After SS7 of 17】

1. T.ヌービル(H) 1:52:28.2

2. S.オジエ(F) +0.3

3. A.ミケルセン(H) +2.6

4. J.ラトバラ(T) +16.3

5. O.タナク(T) +31.9

6. H.パッドン(H) +35.1

7. E.ラッピ(T) +36.3

8. C.ブリーン(C) +50.1

9. T.スニネン(F) +1:02.9

総合でも4位~7位に付けてますからまだまだチャンスはあります。オット・タナクはドライバーズポイントでまだ上を目指せるしチームのリザルトもトップを狙えるところまでいます。今年残念なのは、良いところまで来ているのに最後の方でトラブルに見舞われるヤリーマティ・ラトバラです。今年は彼にとって厄年トラブルの年かと思うけどこう結果を残せないとTOYOTAGAZOOracingの3つのシートのうちの一つをあけわたすかもしれません。勝負の世界は厳しいですから。昨年調子が良かっただけに残念ではあります。ユホ・ハンニネンも1年でシートをなくしましたから。新エンジンが全レースで使えだす?よくわかりませんが、来年はトップ取りますか。今のところドライバーズチャンピオンに一番近いティエリー・ヌーベルもヒュンダイと3年契約を結んだらしいです。オット・タナクもまだ1年目。来年にはチャンピオンになるかな。ラリーフィンランドから強いTOYOTA。本気のTOYOTA。今後の活躍が楽しみです!!!

TOYOTA HIACEハイエース50年記念モデル 渋い!ほしい

TOYOTA HIACE ハイエース50周年モデル。エクステリアもインテリアも大人好みのいい感じ!

1967年に発売されたHIACE(ハイエース)は大人気です。しかしもうすぐ安全性の問題でボンネットのある車にモデルチェンジの予定。

窃盗犯にも大人気で一位は私の持つプリウスそして2位はハイエース。という名誉あるランキングです。現モデルも2004年からですから、とても古い設計ですけど。設計の古さを感じるのはハンドブレーキ。https://youtu.be/9_pDrPlb-jU

ステッキ式というらしいですね。まあ走りに関係ないですから場所も取るわけで無いですし構わないですけれど。

LEDヘッドランプとメッキカバーのフォグランプ

グリル。漆黒のメッキが渋い。大人じゃん
テールに貼ってある50周年記念エンブレム
スマートキーも特別仕様
ごっついハンドル
木目調の落ち着いてインパネ

ダークプライムとか特別仕様がいっぱいなハイエースですけどこの50周年モデルは落ち着いていてとても好感が持てますね。

しかし高いですね。4133160円します。四駆で2800CCディーゼルです。

私がほしいのは。そしてカラーリングも

ボディーカラー

今までハイエースのボディカラーホワイトパールかブラックマイカかと思っていましたが、今回の特別設定色のグラファイトブラックとても大人でいい感じです。https://toyota.jp/hiacevan/grade/special2/?padid=ag341_from_hiacevan_top_grade_special2

設計も旧いので安っぽい所もあるけど、セフティセンスとかも付いてますから。以前よりお買い得感はありますか?

ブラジルを始め多くの国で発売されていないので、大人気な様ですね。ハイエースの輸出業でもやったら儲けるかな。

なぜここまで人気あるのかといえば、やはり信頼性でしょうね。丈夫なボディ。故障しないエンジン。メンテする工場も無い、食べ物も無いとこ走ることも多いでしょうからTOYOTA ハイエースの信頼性は大事です。そしてこのボンネットの無いキャブオーバー型のデザインは荷物がとてもたくさん積めてそこでも人気を博してます。とことん積めますから。1トン積めますから。私の場合はこれにみかんを1トン積んで東京に売りに行きたいです。

プリウスphvを持つ私ですけど、セカンドカーを軽トラからこれにしたいです。

ただ400万円を超える箱にお金を投資するのも大変です。そのためにもトランスポーター的な役割を持たしお金を産まないとダメダメです。この50周年特別仕様車いつまで販売しますか?

1年くらいですか?2年くらいですか?それてもボンネットのあるワゴンが出るまでですか?噂ではボンネットワゴンが出てもキャブオーバー型を併売するらしいです。噂では。ほんとこんな実用的なワゴンはいつまでも販売してほしいです。

にほんブログ村 車ブログへ


にほんブログ村

トランプ政権、自動車燃費基準の緩和に動く-加州の権限無効化も提案


Ryan Beene、John Lippert、Jennifer A. Dlouhy
2018年8月3日 0:54 JST
2020年以降の燃費基準、平均1ガロン=37マイルへの引き下げを提案
基準を凍結しても気温押し上げは2100年までに1度未満に-政権
トランプ米政権は自動車の燃費基準を2020年の水準で凍結すること、およびカリフォルニア州での排出ガスを抑制する同州権限の無効化を提案した。オバマ前大統領の代表的な環境分野の功績に狙いを定めた形だ。


  環境保護局(EPA)と道路交通安全局(NHTSA)は2日、2020年以降の燃費基準を平均でガロン当たり37マイルに引き下げることを共同で提案した。オバマ大統領の計画では、燃費性能は車両全体で2025年までにガロン当たり約47マイルに徐々に向上するはずだった。


  EPAとNHTSAは大気浄化法に基づくカリフォルニア州の権限を取り消すことも提案した。同法により、加州は温室効果ガスの排出制限や電気自動車販売の義務付けなど連邦規制より厳格な基準の制定が認められていた。


  トランプ政権は今回の燃費基準凍結案について、大気環境への影響は「無視できるほど小さい」とし、気温を2100年までにセ氏0.003度しか押し上げないと主張した。


原題:Trump Moves to Ease Obama Auto-Mileage Rules, California’s Clout(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 
 LEARN MORE

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-02/PCU98FSYF01U01


ブルームバーグからの記事ですけど。トランプ大統領の自国アメリカファーストに参ります。

 もともと、カリフォルニアではハイブリッドが次世代の環境適合車とみなされない、中国やヨーロッパでもTOYOTAのハイブリッド技術は排他されていってるそんなところから、このブログや、プリウスphvに乗るブログを始めたのに今回のこの決定はなんですか?

ある意味燃費の良いTOYOTAにとっては厳しい状況です。何せアメリカでは燃費の悪いピックアップトラックが一番のステータスですから。まあ私自身もハイラックスサーフは欲しいと思ってますけど~。

アメリカのビッグ3、GⅯ、フォード、クライスラーはそれは自国のドライバー好みの大排気量ガソリン車が得意ですから。燃費が悪いはずです。

ビッグ3もEVとか頑張って出してますけどもともとガソリンの安いアメリカそんなに売れません。

テスラは今後どうなるのでしょう?非公開株とかいろいろ問題が取りざたされてますが。もともとは生産能力が無いのにバックオーダーを抱えすぎってのがあるみたいです。

モデル3の。安かったから385万円。オーダーが40万台も来て喜んだのもつかの間自社にはそれを造れるだけの、能力が無かった。そして4台に1台のキャンセル。どうしたもんでしょう。

イーロンマスクの考え方やテスラの先進性は好きですよ。プリウスPHVのあのカーナビのディスプレイもテスラを真似たもんですしね。私はあまり好きでは無いですけど。大きすぎてです。

しかし今回のトランプ大統領の決断でテスラはまたまた窮地に陥ります。喧嘩でもしたのでしょうか?今のところアメリカに工場はあるのに中国に工場を造ると発表したからでしょうか。

TOYOTAも環境もまたしかり。低炭素社会を構築しようとしているのに電動化が遅れれば遅れるほど、この温暖化は加速します。

早く停めないとですね。

にほんブログ村 車ブログへ


にほんブログ村