「温暖化防止」タグアーカイブ

台風一過

写真は2年前の西日本豪雨災害地

さだまさしさんを連れて行った

令和2年9月に入っての10号台風

凄かったですね。

伊勢湾台風にも匹敵するとのこと

 

我が南予の愛媛の三崎半島も凄かったです。

ずっと真っ赤でした。現在の風向風速ですね。

 

温暖化の影響でどんどん過去経験したことの無い台風が

来ますね。

 

環境大臣は何をしてるんですかね。

セクシーな対策はなんなんですか?

やはり水素エネルギーの社会を早く実現すべきだと思います。

しかしゴミ問題もエネルギー問題も環境問題も具体策が出てこないですね。

 

最近ではナイロンの買い物袋が有料化にはなってきました

こんなんはほんと焼け石に水ですよね。

 

もっと根本的になんとかしないといけないとは思いますけど

すべてこの100年がいけないと思います。

 

この100年の成長期に飛行機は飛ばすし

原子力発電は登場するし

エアコンも登場

車もいっぱい増えた

エネルギーもどんどん使っている

 

ほんとこの100年の人類の行ってきたことは

犯罪ですよね。

経済の為とは言え

 

何より人間の生活のために途絶えた

種が途絶えた命

 

それはもう復活しませんから

マンモスも復活させようと

いう研究もありますけど

 

そのためのポイントにもなる象も

絶滅危惧種ですから

 

ほんとこの100年の大罪は

どう償ったら良いのでしょうか?

 

ここ愛媛の南予地区では

特に八幡浜地区では

ゴミを拾う運動をされているかたが

2組いらっしゃいます

 

一組は人間が中々足や車でたどり着けない

半島や島のゴミを拾う人

 

台風の時には増えるから

かなりがっかりされてました

 

もう1組は海底のゴミを拾う方たちですね

この様な動きを大事にしていきたいです。

 

そうそう一つの活動はトヨタ財団の

サポートも受けています。

 

継続的なサポートが無いとなかなかですね。

 

さてさて私は何をするかと言えば

愛媛の第一産業を応援すると

同時に移住促進もやっていきたいですね。

 

空家や明子民家を受け皿にね

 

移住されるひとはそれだけパワーがある人ですしね

 

それと森を大事にしていきたい

私も森という名字ですから

大事にして欲しいのですが(笑)

 

森林資源にも光を当て

付加価値を付けて

山にお金が落ちる仕組みを

構築したいです。

 

今は愛媛の杉で木箱を作り

みかんを入れて少し高くして

売ってますけどね

 

なかなかそれだけでは大変です。

まあその木箱は一度山にお金を落とす仕組みではあるのですが

使用した後

その木に触れた人が愛媛も木材を使用した

 

木造住宅を建ててもらう

そんな意味も込めてます

 

今は八幡浜の昭和建設に勤めてますので

木の家も実際に販売してるし

 

屋久島の杉やモミの木の浮造りのフローリング等も扱っていますし

積極的に愛媛の木材も販売しています。

 

リフォームでも木材を多く使う提案もしていますしね

自然素材もいっぱい使ってます

 

断熱材木材由来の新聞紙から

作ったセルロースファイバー

 

パンパンに吹き込むので

本当に温かい家になります。

 

夏は涼しいです。

光熱費もあまり要りません。

 

まあ今は新入社員として5ヶ月目ですが

自分自身で納得しないと

他人に勧めることは

 

出来ない性分なのですが

大体の商品が自信を持って薦めることの

出来る自然素材 天然素材由来なので

 

大分わかってきて提案につなげていってます。

 

空家もどんどん増えて行っていますが

移住者に対して

改築の補助金が出るなんて

施策もありますしね

 

東京では悶々とした仕事をしている優秀な人もいますしね。

是非愛媛の片田舎で

コロナのリスクも薄いところで

仕事して頂きたいですよね。

 

工務店での仕事

設計とかデザインとかコーディネートとか

 

したい人はこの指止まれで

一緒に仕事をしませんか?

 

若しくは農業をしたいなんて人も

職場を紹介しますよ

 

いきなり農業したいと言っても

最初からうまくいきませんなかなか

 

土地はあっても貸してくれないし

農業機材も多く買わないといけない

 

ノウハウも無い

イノシシやハクビシンにはやられる

 

まずは農業法人で勤めて

愛媛の自然や

人柄に触れることを

おすすめしますね

 

そのうちやれるかどうか?見極めて

土地とか機械とか購入し

独立したら良いんですよ。

 

地域おこし協力隊なんかの制度もりようするのも手ですかね

 

どのくらいの定住率か知りませんが

結構愛媛の企業に勤めている人が多いです

 

独立してやっているという人はあまりはいないですね。

一方で夢破れて東京へ戻ってる人も

多いのも事実です

 

ただこのコロナ禍で

色々自ずと変化することも多いから

今がチャンスかもしれません。

 

今まで働いていた業種も全然だめになり

人でが要らなくなるって

事もあるでしょう

 

私の入社した

建設業も

コロナのせいで

 

仕事が無いのではなんて思っていましたが

どんどん電話がなるので

びっくりです

 

明日からまた新たな提案の始まり

お客さまには感謝されることも多いので

本当に楽しいです。

 

愛媛の第一産業を応援しながら

建設業に携わりませんか

こちらから是非連絡ください

 

優勝な人材募集中です。

建築の資格があればなおベターです。

私も電気工事士や福祉住環境コーディネータくらいしか持っていないですけどね

 

 

連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

【2020ニューイヤー駅伝トヨタ応援「トヨタ頑張れ!」】

あけましておめでとうございます。2020年とても良い天気で明けました。いよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。楽しみな年です。

WRCもセバスチャン・オジエがTOYOTA GAZOO RACING へシトロエンから電撃移籍しますからまたドライバーズチャンピオンシップで優勝するかもしれませんから、ここも楽しみです。

ニューイヤー駅伝2020

これは通称で本来は

第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会

というらしいです。群馬県庁をスタートとゴールとし100kmを7人で走る駅伝です。

昨年までは旭化成が3連覇していますが、今年はTOYOTAが注目されています。設楽悠太のいるHONDAも。

TOYOTAにはMGCで途中で失速した設楽悠太に勝ち2位となり東京オリンピック代表に内定しました服部勇馬がいてかなり本命視されています。

しかし駅伝は襷を繋ぐ者 一人でも足を引っ張る人がいると勝てない場合が多いようです。

クルマづくりにも相通じるところがあると思います。エンジンが良くても足回りがだめならいい車にはなりませんから。

そのクルマ業界を取り巻く環境も激変しており、業績の良いTOYOTAの豊田章男社長もかなり危機感を持っているようです。

中でも

「CASE」
CASEとは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared&Services(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字をとった用語で、2016年にメルセデス・ベンツが発表したことで注目されました。

電気自動車では今年 小さな2人乗りのモビリティを発売するくらいですか?

一時はトヨタも社長を筆頭として電気自動車のチームを作ったりしてたけどどうなったのでしょうか?

電気自動車も今のリチウムイオン電池や国内での充電インフラの事を考えるとまだ未成熟感が高いですから。

もっと「充電時間を短く走行距離が長く!」ならないと実用的では無いから

私もプリウスPHVにしたのですけどね。FCVの未来はまだ遠いですし。

でも地球温暖化の波は収まりません。というか加速している感があります。

そりゃそうですよね。永久凍土や南極や北極の氷が溶けるとそれで冷やしていた周辺の水や土や空気も暖かくなりやすいですから

それは加速します。

グレタさんも確かに厳しく言うけど、大のオトナが彼女を批判する意味がよくわかりません。

香港の問題にしても高校生が自由を求めて活動している。

世界の若者にもっと見習うべきときですよね。今年はブログもっと頑張ります。今年もトヨタ応援よろしくおねがいします。