TEAM愛媛 すべての人に健康と福祉を

RALLY PLUS Monte Carlo速報号が届きました!今年初。トヨタが調子いいからホント嬉しい!

TOYOTA TOYOTAGAZOO Racing WRCラリー プリウスPHV モータースポーツ

RALLY PLUS Monte Carlo速報号が届きました!今年初。トヨタが調子いいからホント嬉しい!

 

RALLYPLUSが届きました。 ラリー・モンテカルロの特集ですね。

 

トヨタが2位と3位をゲットしましたから、結構トヨタの事書いてありますね。まあ日本の雑誌ですからそうなるのは当たり前ですね。

トヨタが18年ぶりにWRCに復帰して2年目ですからね。まあ1年目の昨年2017シーズンも頑張りましたね。

2017年ラリー・スウェーデンではTOYOTAGAZOO Racingのヤリ−マティ・ラトバラが優勝しましたけど

2月15日〜18日の2018年ラリー・スウェーデンでは最も期待できるラリーでは無いですかね。

フィンランド人のヤリーマティ・ラトバラエサペッカ・ラッピ。そしてエストニア出身のオット・タナクなんで

近所なんでみんな雪山得意ですよね。

 

ラリーモンテカルロでは、最後のSSまで4位に付けていたエサペッカ・ラッピがスピンしてミスしちゃいました。結局7位だったかな?

昨年のマシンよりよりカッコよくなってますね。特にフロント周りのフィンが鋭くなっています。

RALLYPLUSでもより “超進化”の証明と記事を書いてますね。でもいきなりフォードのフィエスタWRCに昨年まで乗っていた

オット・タナクがTOYOTAトップの2位だなんて、これからの戦いが楽しみですね。昨年の準優勝者ヤリーマティ・ラトバラより上ですからね。

 

昨年はヤリーマティ・ラトバラとユホ・ハンニネンの2台体制でしたから、ユホ・ハンニネンはTOYOTAのYARISWRCの開発から乗っていたのに最初の方はぶつけるばかりで、そうなるとヤリ−・マティ・ラトバラの双肩にかかる負担やプレッシャーが半端なくなりますからね。ミスも出ると言うものです。

昨シーズンからまだ20代のエサペッカ・ラッピも加わり、そして30歳のオット・タナクもMSPORTから移籍し

最年長でなおエースのヤリーマティ・ラトバラ。楽しみです。

 

 

2018年のヤリーマティ・ラトバラのスウェーデンの練習風景。 

 

雪道を恐るべきスピードで走っているけど、結構長いピンがタイヤに付いてるらしくて

かなりスウェーデンでは雪が深いので責めれるらしいですね。道路脇はバンクも付いているのでコースアウトしても

雪がクッションがわりになり、ダメージが少ないらしいのでなおプッシュできるらしいですね。

RALLYPLUSでミケルソンが喋ってました。

RALLYPLUS今からでもまだまだおすすめですよ。

 

なにせ速報のメールが良い。今も日本の嬬恋のRALLYの模様が入ってきてますね。スバルのWRXのラリーカーがカッコイイ!

WRCに出てよねえ。

しかしWRCという戦いの場で活躍すると良いマシンも出来るはずですよね。ヨーロッパではすでにYARISが売れてきてると言うし
GRSPORTのプリウスphvとか出来が良いですしね。
WECマシンのTS050HYBRIDを元にしたスーパースポーツカーも出るようですしね。1億円超えてあまり売れないと思いますけどね。
レースはマシンや技術を鍛えるのに最適です。
TOYOTAはそれを車作りに反映してくれると思います。色々楽しみが増えて参りました。

<ポチッとご協力お願いします>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村