ええ!?早くもWRCラリー第4戦!一ヶ月なんてあっという間。あっという間にラリーフランスが始まる。

トヨタGAZOO Racing

TOYOTA GAZOO Racingは、4月6日(木)から9日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリーフランス(ツール・ド・コルス)に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)とユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(#11号車)の、2台のヤリスWRCで参戦する。

フランスのコルシカ島が舞台となるツール・ド・コルスは、今シーズン2回目のターマック(舗装路)ラリー。開幕戦モンテカルロはターマックラリーとはいえ、コースは雪や氷で覆われた特殊な状況だった。そのため、純粋なターマックラリーはこのツール・ド・コルスがシーズン初となる。コルシカ島は地中海西部に位置するフランス領の島で、多くの部分は険しい山岳地帯。島内には曲がりくねった山道が多く、ラリーのSSで使用される道もタイトなコーナーが連続する。そのため、ツール・ド・コルスは「1万コーナーのラリー」と呼ばれている。ステージにエスケープゾーンは皆無に近く、ほんのわずかなミスも許されない。

2017年のツール・ド・コルスは、島の東北部のバスティア空港にサービスパークと大会本部が置かれる。競技は4月7日(金)に島の南西部アジャクシオでスタートし、4本計120.64kmのSSが行われる。8日(土)はバスティアを中心に4本のSSが予定されており、その合計距離は131.96km。最終日の9日(日)は、島の東~南側で2本計64.2kmのSSが行われ、南部ポルト・ヴェッキオでの最終ステージ、SS10はパワーステージに指定されている。SSの数は3日間で10本と少ないが、50km前後のロングステージも多い。SS総距離は316.80km、移動区間を含めた総走行距離は1080.73kmとなっている。

ツール・ド・コルスは、WRCがスタートした1973年からシリーズの1戦に含まれるなど、長い伝統を誇る。一時WRCフランスラウンドは本土のアルザス地方に開催地を移していたが、2015年大会よりコルシカ島に回帰。6年ぶりにWRCとして開催されたツール・ド・コルスでは、ラトバラが優勝を果たしている。ラトバラは前年にアルザス地方で行われた2014年のWRCラリー・ド・フランス・アルザスでも優勝しており、フランスのターマックラリーを2年連続で制している。一方、ハンニネンは2008年に1度出場経験があり、その時はプロダクションカーのグループNクラス1位でフィニッシュしている。

チームはこのチャレンジングなラリーに向け、3月下旬にコルシカ島でテストを行った。各クルーは、本番と条件が近いターマックコースをそれぞれ2日間走り込み、ヤリスWRCをツール・ド・コルス仕様に仕上げた。

トミ・マキネン(チーム代表)
「クルマに改善を施し、今回のテストはとてもうまくいきました。今のところ、舗装路でのヤリスWRCのパフォーマンスは非常に期待できると思っています。結果が伴えばベストですが、我々の目標は引き続き、経験と学びを積み重ねることです。今回のラリーに向けて、ポジティブなことがたくさんあります。まず、ヤリ-マティはツール・ド・コルスが好きで、とても良いムードでいることです。ドライバーがこのような精神状態のときは、よいパフォーマンスができるものです。コルシカ島のコースにはカットできるコーナーはほとんどないため、彼は2番手走者ですが、路面の状況については問題ないはずです。また、ユホの体調は完全に回復しました。前回のメキシコでは体調を崩しながらもよいパフォーマンスをして完走し、ポイントも稼いでくれました。体調が万全になった今回はさらに自信を持って挑めるはずです」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)
「私にとってツール・ド・コルスは特別なイベントです。1986年のヘンリ・トイボネンの事故も含め、フィンランド人ドライバーにとって、なかなか結果が出せない難しいラリーだったので、自分がこのラリーで勝てたことは非常に大きな意味がありました。ですが、今は状況は変わっていますし、ラリーはより安全になっています」

「2日間で380kmを走行したテストは非常にうまくいきました。初日は道幅が狭く凹凸の激しい道、2日目は高速で平らな道と、本番で想定される両方の条件でテストをし、ダンパーのセッティングをいくつかトライしながら、両方の条件に合う良いセッティングに到達しました。モンテカルロを走って、ヤリスWRCのターマックでのポテンシャルはある程度分かっていましたが、今はモンテカルロの時よりもさらによいフィーリングになっています。ですが、これまでの3戦で分かったように、ライバル達もとても強いので簡単にはいきません。ここまで着実に行ってきたように、過度に結果にとらわれず、ラリー毎にクルマを改善していくという目的に向かって集中を続けます」

TOYOTA

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車)
「体調を崩していた前回よりずっと調子がよく、ターマックに戻る今回のラリーがとても楽しみです。昨年ここでレッキはしましたが、ツール・ド・コルスには1度しか出たことがなく、それもかなり前のことです。そのため、クルマのセッティングに関してはヤリ-マティのアドバイスにずいぶん頼り、その結果、とてもうまくいっています。モンテカルロと極めて近いフィーリングですが、モンテカルロの時と主な違いはタイヤです。このタイヤで、特に長いステージでベストな結果を出せるようにテストでしっかり学びました。
メキシコで、粘り強くやれば、悪条件の中でもよい結果が出せることが分かりました。そしてそれは、「もっといいクルマを作り続ける」というトヨタの考えにも通じるところがあると思っています」

 

とね!?ラリーPLUSさんから頂きました〜。

世界耐久選手権(WEC)

も活躍していますがこのWRCの方が注目されていますね。歴史が違いますからね。過去の栄光もあるし。

しかしホント今度は頑張って欲しいですね。そろそろユホ・ハンニネンにも頑張って欲しいです。

ホント最近のトヨタは面白いです。しかし社長豊田章男氏もハラハラドキドキしてて眠れぬ夜も過ごされてると思いますよ。

背負う人や物が多すぎるから。

なんとか楽にしてあげたいですね。

本の些細なことで巨人は倒れるのです。だからこのブログで応援しているのです。

<ポチッとオ・ネ・ガ・イ>

&nbspにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

TOYOTAのEV事業、社長の直轄組織12月1日発足。トヨタ包囲網が強くなるばかりですからね。ヨーロッパや中国のEV化が尋常や無いスピードやし。

TOYOTA自動車は11月30日、電気自動車(EV) の事業化を加速するために 明日 12月1日

記事を読む

東京サロンに出ているMARK X GRMN仕様は350台限定。買いか?これ箱根駅伝でも走ってましたね。

箱根駅伝で確かこのマークⅩも走ってましたよ。コロナMARKⅡからはじまったこのMARKxも

記事を読む

燃費は変わらず良いけど。気持ちは変わる。水素自動車FCVの応援もしよう!

最終的には電気自動車に落ち着くと 言い張って来たアカプリ子ですけど  

記事を読む

TOYOTAも本格的にどんな電気自動車を創るのかな?

修理が終わった プリウスphv   綺麗になりましたよ。 修理中も

記事を読む

NISSANリーフも電力会社とコラボ!走った分だけじゃなくて定額でポイント付くよ!!電気自動車の普及につながれば良いね。

【Response】より引用 日産自動車は1月24日、四国電力と、電気自動車の新型『リーフ』の

記事を読む

WRC RALLY GB(グレートブリテン)超速報!!MSPORT絶好調!!

イギリスで開催中のWRCRALLY RALLY GBの2日目 ステージ SS7まで

記事を読む

プリウスPHV寒くなって航続距離が減ってる。

暗くなるのが早くなりました。夕方6時位ですね。駐車場です。 無舗装ですが安いからここにしてます

記事を読む

未来をどれだけ楽しくできるか?トヨタイムズがはじまる!はじまる!

https://youtu.be/2d9_4SqNMZk 香川照之編集長で始まる

記事を読む

プリウスPHVを宣伝してくれている石原さとみ サブマリン投法

石原さとみ サブマリン投法   またまたやってくれました。我らが石原さとみ

記事を読む

レトロなデザインのバイクも KAWASAKI Z900RS

KAWASAKI Z900RS 昔 Z750 Z900とかで もしくはZ−1 Z−2とか

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0