BMWもphvの時代に

公開日: : 最終更新日:2017/07/19 CAMRY, TOYOTA, TOYOTAGAZOO Racing, プリウスPHV, レクサス , , ,

BMW

BMWもPHEV祭りです。

BMW330eですね。

ディーラーに行って来ました。5シリーズはニューモデルですが3シリーズは現行モデルのままでスタイルはスッキリしていて

かっこいいいですが目新しさは無いですね。

phvで無いモデルは見ましたが新しさは感じませんでしたがデカイですね。日本で乗りこなすとなるとかなりの駐車場が使えないと思います。

残念ながら充電量不足で乗ることが出来ませんでしたが、他にたくあん試乗した後らしいですね。やはりドイツ車でもphv。BMWはPHEVと表現しますが。

Plugin HYBRID VEHICLE かPlugin HYBRID ELECTRIC VEHICLEのどちらかですが、むしろEV走行可能距離の長いプリウスphvはPHEVで良いような気もしますね。モーターもふたつありますしね。

 

始めてのガソリンを入れましたね。37リットル。それで航続可能距離の表示が1,372km。NISSANリーフが200kmやら280kmと言っている時に

これはありがたいですね。これはおそらくHVのエコモードで走ったときの燃費かと思うのですが、これにEVモードも加えると1500kmも航続可能になると思いますね。

 

これでお四国一周無充電・無給油ランを実行したいと思ってます。しかし1500kmも走れるなんてなんとも嬉しいでは無いですか。まあ現在まで1600kmくらい走っているからほとんど通勤に使ってますからね。毎日の走りではもっと走りますよ。

長距離を走ると色々テスト出来て良いですね。今回は高速でパワーモードで走りました。とてもパワフルに感じますが、HVモードでの燃費が31km/リットル〜27km/リットルくらいにまで一気に下がります。

パワーモードでずっと走りたい気持ちですけど、一割程度は燃費が悪くなる事を考えないといけませんね。現在の充電用メーターの指示数は28.4前回の指示数が確か21.8でしたので6.6kwhですね。カタログより少し悪いですね。これはもっともっとデータが必要ですね。

 

さてBMWのPHEVの特徴は、プリウスphvとよく似ているようで違いますね。

BMWによるプラグイン・ハイブリッドの基礎知識では急速充電は必要ですか?

 

BMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルに急速充電は必要ではありません。走行しながらでも搭載エンジンとブレーキ時の発電(回生システム)によって充電できるからです。

バッテリーが完全に放電されている場合でも、BMW330e、225xeアクティブツアラーの場合は約3時間、X5 xDRIVE40eなどでは、約4時間ほどで満充電できます。

 

ってこれは発電モードで走るってことですか?まあ確かにプリウスphvでもこの機能はありますし、NISSAN eノートのレンジエクステンダー型のハイブリッドなんかはまさにこれだけで走るタイプですよね。

この機能も昨日確かに試しましたが、ガソリンを使って発電なんて、怖いので出来ません。商用電力なんて重油を使っても高くつくのに

一番高いガソリンをそれも道路税まで入っているガソリンを使ってでも、電気は創りたく無いですね。

災害時の非常時のみこの機能は使いたいと思います。後、屋外でのレジャー時とですね。屋外でのイベントもしかけて行きたいと考えております。

 

しかしBMWでは、急速充電も家庭用充電もそんなに推奨していないですね。走りながら充電できるって。それでは燃費が悪くなるでしょうが。

でもこの家庭用の充電器までデザインされてるのっては良いですね。プリウスphvはこんなところは絶対にお金をかけません。ってデザインですからね。

 

これですよ。これ充電コントローラーはこのデザインですね。デザインとは言えないですね。まだ2500円のパナソニックのコンセントの方が良いデザインかと思いますね。

 

インテリアもですが、TOYOTAのプリウスphvの大きく気になるところですね。

 

さてさて写真のBMWの性能ですが以下の様ですね。

330e iPerformance Luxury

8速AT 4ドア 右ハンドル 6,220,000円

EV走行換算距離*1*236.8km(JC08モード)
直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン+電気モーター
総排気量 1,998cc
システム・トータル最高出力 185kW〔252ps〕
システム・トータル最大トルク 420Nm〔42.8kgm〕

 

モデル

330e iPerformance

車両本体価格(※税込)

5,790,000円

ハイブリッド燃料消費率(国土交通省審査値)

17.7 km/ℓ

充電電力使用時走行距離(プラグインレンジ、国土交通省審査値)

36.8 km

EV走行換算距離(等価EVレンジ、国土交通省審査値)

36.8 km

電力量消費率(国土交通省審査値)

5.13 km/kWh

BMW 330e iPerformanceは直列4気筒BMW ツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンに電気モーターを搭載することで、卓越したダイナミズムと寛ぎに満ちた快適性を見事に融合させた、革新的な新時代のプラグイン・ハイブリッド・モデルです。圧倒的なスポーツ・ドライビング・ダイナミクスとともに、市街地では電力だけで走るゼロ・エミッション走行を実現し、最高の効率と高い環境性能を可能にしています。BMW 330e iPerformanceはBMW 3シリーズの魅力をさらに深める新たなモデルなのです。

と書いてますが気になるのはEV走行可能距離と電費ですね。

プリウスphvは倍走ります。どちらもね。まあパワーとか違うからでしょうか?出来ればテストしたいですね。1年位。充電用のメーターが単独でありますからもっとテストできますよ。連絡待ってます(笑)

<ポチッとご協力お願いします>にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

TOYOTA2000GTも良いけどセリカLBも良いよね。

毎年この野村ダムのホワイトファームの中庭で開催される クラシックカーのミーティング 昨年

記事を読む

no image

ZVW52プリウスPHVに乗って半年

プリウスPHVを購入して 半年181日になりました   しかしショップか

記事を読む

未来をどれだけ楽しくできるか?トヨタイムズがはじまる!はじまる!

https://youtu.be/2d9_4SqNMZk 香川照之編集長で始まる

記事を読む

神戸トヨペットがプリウスPHVのデザイン・アイデアコンテスト開催中です!

神戸トヨペット   神戸と言えば阪神大震災の被害が思い出されます。あの震災以降

記事を読む

WRCRallyモンテカルロも今月から始まる!4メーカーとも準備は良いか?今年はドライバーズチャンピオンもトヨタから。オット・タナク頑張れ!!!じっくり楽しむにはこれ!

月日が経つのも早いもので早くもWRCRallyの初戦 WRCRally・Monte Carloもも

記事を読む

エンジンの鼓動かそれともサイレンスを愛するのか?どちらを選ぶか??

鼓動か静寂か 今回は静寂を選びました。昔はエンジンの鼓動だと言ってレガシィの低音のエンジン音が

記事を読む

寒い外気温は3℃ またまた寒さに弱いプリウスPHVを露呈しましたね。センターディスプレイの情報が多すぎて理解が大変です。

本日は昼間でも3℃ですね。時折雪が舞ってます。寒いはずです。朝起きた時は部屋でさえ9℃外はマイナスだ

記事を読む

TOYOTAWRC速報 ツール・ド・コルスでヤリーマティ・ラトバラが総合4位。豊田章男社長も参戦!

TOYOTAWRC速報 <ラリーPLUSネットより> 4月9日(日)、2017年FIA世

記事を読む

トヨタ WRCRALLYMonte Carlo(モンテカルロ)で2ー3ー4。本日が最終日。すでにセバスチャン・オジエはクルージング。でもまだまだわからない。33.5秒差なのでオット・タナクに期待!!!

【RALLYPLUSネット】より引用 ラリーモンテカルロ 最終日を残してトヨタは2位にオット

記事を読む

プリウスphvに乗る!もうすぐ乗る!

昨日は発売でしたね。プリウスphv。カタログも届きましたよ。カタログ無しで事前予約していますからね。

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0