「日産」タグアーカイブ

【トヨタ応援ブログ!】だから トヨタの記事を書こう トヨタ新型ハリアー発表!!!超エレガントでカッコいい!!レクサスより良い!!

トヨタ応援ブログ

なのに草刈り機や

チェンソーの話

 

ばかりになって来ました。

 

新型コロナウィルスの蔓延する中

中々車の話題も無いのですよ。

 

プリウスPHV

事は別ブログで書いていますけど

 

トヨタの多くの工場も停まってますし。

日産なんかはレイオフもしていますしね。

 

自動車業界も大変な事になりました。

日産や三菱などはそうで無くても

ゴーン氏のお陰で

大変な目にあっていたのに

 

これこそ

「弱り目にたたりめ」です。

 

しかし自動車業界は凄く裾野が

広い会社ですから

 

親会社である自動車メーカーが

もし万が一の事があれば大変ですよ。

 

例えばトヨタのアイシン精機

売上高‎: ‎連結:3兆9089億37百万円(2018年3月期)
従業員数‎: ‎連結:11万4478人(2018年3月末時点)
事業内容‎: ‎自動車用部品の製造
業種‎: ‎輸送用機器
トランスミッションやブレーキを創る会社ですが
11万に以上もいますよ。

デンソーについては16万人以上もいますね。

 

日産の子会社

カルソニックカンセイについては

既に名前がマレリになって

無くなっています。

工場の閉鎖もやってるようです

 

親会社がくしゃみをしたら

子会社は大風邪をひく

中には倒れてしまう人もいる

 

昔 東京電力の社員が

「新婚さんいらっしゃい!」

 

に出た時に

東京電力の紹介で

「絶対に潰れない会社」という風に表現したときに

 

凄い違和感があって もう15年以上も前の事だと思うけど

今でも覚えている。

 

「絶対に潰れない会社」など存在しない。

現に今大変なことになっている

 

 

それは例えGAFAでも。

そういえばこのビッグな

 

GAFAの中でもアップルとグーグルが

組みましたよね

 

新型コロナウィルスの感染者と

接触してる人が

わかるアプリを開発すると

 

そんな感じだったと思うけど

 

今こそほんとしのぎを削って頑張る

ライバル会社と組んで

 

生き残るべきです。

 

今出来る事でなんとか生き残るべきですよね。

さてさて前置きが長くなりましたが

新型トヨタハリアーが発表されました。

 

外観はキープコンセプトでエレガントで都会的です。

レクサスRXより実用的な大きさが良いです。

エレガントさも上だと思います。

 

 

 

 

 

内装も良いですね。色合いや

すっきり感が良いです。

 

 

ナビゲーションシステムもわたくしのプリウスPHVの縦長で

無いところが良いです。一般的な横長なのが交換が持てます。

 

しかし今は生産もストップしているから6月の販売開始はどうなるのかな?

注文してもすぐには来ないだろうな。

 

注文はしないけど。

 

しかしほんと世界中の自動車業界これから

大変です

 

先に書いたようにその子会社も

関係会社も

 

新型コロナウィルスのせいで

車を買う予定の人も

買えなくなったり

 

クラスを落としたりが必要となります。

買い替えのタイミングも遅れるでしょう。

 

ホント車に関連する企業は多いから

大変です。

イタリアでも85%減の販売台数だそうです。

 

ディーラーも締まってるとこ

多いでしょう。

 

日本にはトヨタ ホンダ 日産 スバル スズキ

マツダ ダイハツ等

たくさんの自動車メーカーがあります。

あ!三菱忘れてた。

(アウトランダーPHEVがあるのに・・・・)

 

こんなに残ってるのは素晴らしいですよ。

経済に与える影響も大きいですよ。

 

しかし新型コロナウィルスが蔓延してから

良い話は車業界でも無いです

 

自粛している感がありますね。

レイオフとか銀行に1兆円融資を頼んだだとか

 

そんな話しか聞こえてきません。

 

このような事を書くと

広告が掲載されてました

 

KINTOです。

 

トヨタのサブスクリプションのサービスですね。

毎月の収入が減るっていう時に

この広告は場違いです。

 

結構高いからこのサービス 月々の負担感が高いから

今使う人あまりいないと思いますけど。

 

まあこういう時だからこそ

良いニュースを取り上げて欲しいです。

 

トヨタが好調だったWRC

(ワールドラリーチャンピオンシップ)も

どんどん中止が決まっていってます。

 

私のシステム手帳には

rallyプラスのWRCの予定のシールが貼ってあるのに

 

練習も出来ないようですね。サイン会もバーチャル

ラリーカーの塗り絵とかしてるみたいで

 

さっぱりです。ラリープラスも大変でしょう。

みなさんもぜひ

ラリプラメンバーズ

で応援してあげてください。

 

しかしラリープラスもレースが無いんでは

取材も出来ないし その前に主戦場でも

ある

欧州に旅行にもいけないですよ。

 

ホント大変です。

車業界各メーカーが弱いとこを補って

色々コラボしてやるべきです。

ホント体力無いメーカーは潰れますよ

いろんな応援の仕方があります。

頑張りましょう!!

トヨタのため 水素社会を実現するため頑張ります。

 

 

今はほんと農業ですよ。愛媛と言えばみかん

みかん農家に就職しませんか?

 

わたしも今から昨日書いた

ZenoahのBKZ315BーLが届いたので

組み立ての試運転に

 

実家の大洲に行って来ます。

「百姓は草を刈って刈って刈りまくれ!!」って

言葉もありましたから

 

ホント刈りまくりますよ。

有償であなたの山の草刈りもします。

 

しかし、人の合うのは危険だから

新型コロナウィルスが

落ち着いてからです。

 

 

 

WRCRallyモンテカルロも今月から始まる!4メーカーとも準備は良いか?今年はドライバーズチャンピオンもトヨタから。オット・タナク頑張れ!!!じっくり楽しむにはこれ!

月日が経つのも早いもので早くもWRCRallyの初戦 WRCRally・Monte Carloももうすぐです。

今年は6年連続ドライバーズチャンピオンのセバスチャン・オジエも古巣シトロエンに。なんとあのセバスチャン・ローブはヒュンダイのドライバーに。全戦エントリーしないのが残念ですけど。2人のセバスチャンの戦いは楽しみです。

しかしここのところ低迷しているシトロエンで勝てるのかオジエの7連勝があるのかそこも見どころです。

セバスチャン・オジエの抜けたⅯスポーツが心配です。

ヒュンダイは2年連続チャンピオンシップ争いで敗れ2年連続2位に甘んじてるティエリー・ヌーベルがどうポイントを重ねていくかが見ものですね。

後半勝ててないから、今年のマシンがどう仕上がっているかそこがポイントでしょう。

やはり2019年贔屓目に見なくてもトヨタが台風の目では無いですか。昨年の中頃から仕上がって来てニューエンジンも調子が良いし、最後までヤリーマティ・ラトバラは運にも突き放されていたけどやっとRally・オーストラリアで優勝しましたから。あれから月日もそう経っていないし、ヤリーマティ・ラトバラも今年はやってくれるのでは無いでしょうか?

そして一番の優勝候補はオット・タナクやと思うんです。確かに安定はしてなかった2018年でしたが、だいぶクレバーな走りも出来だすのでは。最速なのは間違い無いですから、あと若さだけとれたら優勝は近いと思いますよ。

そして赤プリ子と年齢の近い、クリス・ミーク。男前では無いけど愛嬌がある顔でスター性があります。残念ながら昨年途中でシトロエンからクビになりましたけど、クリス・ミーク曰く「マシンがダメなので無理をした!」って。

最速マシン ヤリスWRCに乗ってどう攻めるか楽しみです。

早速 You Tubeには出てますね。クリス・ミークのYARISWRCのテスト風景

赤プリ子も2017年からWRCを見るようになったのですがそれはトヨタが19年ぶりにWRCの世界に復帰したからにほかなりません。

そして猛烈に勉強しました。(それほどでもないですが・・)

WRCを楽しむためにはこのラリープラスネットさんの記事が役に立ちます。

そしてラリーの結果を早く知るためにもこのラリプラメンバーズに入会することを強くお勧めします。

「ラリプラ・メンバーズ」は、日本で唯一の総合ラリー専門誌RALLY PLUS編集部がお届けする、
2019年のラリーシーンをとことん楽しむための会員制年間購読パックです。

ラリプラ・メンバーズ会員特典

【その1】RALLY PLUSのレギュラー刊行分(4冊を予定)をご自宅にお届け
【その2】メンバーズ限定オリジナルグッズをお届け
【その3】電子書籍版をダウンロード可能!
【その4】WRC全戦と全日本ラリー全戦でSS速報メールを送信
【その5】メンバーズ会員限定のメールマガジンを発行
【その6】ラリープラス主催イベントの優待
【その7】小林直樹カメラマン渾身のワールドラリーカレンダーをお届け
【その8】1/43モデルカー(車種未定)を1台プレゼント
【その9】2019年1月31日までの新規お申し込みで、2018年メンバーズ特典だった1/43ヤリスWRCをプレゼント(15台)
※新規の方は備考欄に新規申し込みである旨をご記入ください

ラリプラ・メンバーズ2019有効期限
2019年1月1日〜12月31日

募集期間
2019年1月1日〜2月28日

年会費
10,800円

ご注文方法
RALLYPLUS.NETオンラインショップ(このページ)より、ご注文・ご決済ください。

と言うことで宣伝させてもらってるのでコピペですが

この特典の1/43のヤリスWRCの出来も素晴らしい。ホワイトモデルなのが少し残念ですが・・。今年も車は違えどミニカーあるし。部屋に飾りたくなるカレンダー。そして何より超速報のメールがSSごとに来るので楽しいんですよ。

途中でオット・タナクの名前が消えることが多々あった2018ですが

2019はきっと途中で消えないと思います。書籍がほんと売れないこの時代。

おまけに頼っているところもあるけど、ヨーロッパの風景の写真とかとても綺麗ですから、写真見るだけでも癒されます。

2020年はオリンピックの年。今ちょっともめてますけど・・。2020年WRCRallyJAPANが開催されるかもしれません。今いろいろ動いている様です場所の選定で。赤プリ子的には四国でやってほしいです。険しい道たくさんありますから。西日本豪雨災害から元気を取り戻すためにも。そして走る喜びを田舎の人にも知ってもらうためにも。トヨタが頑張ってる姿を見せるためにもね。

人口密度が低いから安全ですし。スバルや三菱もスポットで良いから参戦してほしいです。日産も。

しかし今年もVWがトヨタより販売台数上に行きました。

気になるのはルノー・日産・三菱連合です。昨年1位ですから。日産新しいマシンを出さないし、何が売れてるのか気になりますけど。

日本ではリーフやe―ノートのバッテリー容量を上げて来てますけど。

ノートはまだしもリーフのバッテリー リチウムイオンバッテリーの容量を上げても充電時間が長くかかりその分縛られるからあんまり意味が無いんすよね~。

早く全個体電池が完成したらいいな。でも水素社会を創らないと日本の未来は無い気がするし。燃料電池車ミライのテストをしてみたいな。インフラが無いから大変ですけど。

とにもかくにも2019WRCラリー楽しみです。みなさんもラリープラスで予習をしておきましょう。

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村