TEAM愛媛 すべての人に健康と福祉を

WRCラリー・メキシコ速報。トヨタのなんとユホ・ハンニネンがSS1で1位をゲット〜。

プリウスPHV モータースポーツ

https://www.redbull.tv/live/AP-1Q84GR1991W11/fia-world-rally-championshipWRCラリー・メキシコ。メキシコと言えば?今ドナルド・トランプに国境を造るとバッシングされている国ですね。(そのくらいしか連想出来ないからかなりあカプリコ発想が貧困です)Wikipediaによると通称メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。

着たにアメリカ合衆国と、なんとにグアマテラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ湾に面する。湯とはメキシコシティ。公用語はスペイン語。総人口は約1億3千万人。(2016ネン現在)スペイン語圏においては最も人口の多い国である。

とありますね〜。アメリカとの国境に壁が出来ると大変ですな。ホンマに出来るんでしょうか〜。

しかしそこで今週木曜日から開催されているのが、WRCラリー・メキシコ

しかしいきなりトップはトヨタのユホ・ハンニネン

ここからはラリプラメンバーズ入っているラリープラスネットから頂戴

3月9日、今シーズンのグラベルラリー初戦となるWRC第3戦メキシコがスタートし、最初の2SSを終えてトヨタのユホハンニネンがトップに立っている。2番手にMスポーツのオットタナク、3番手にはシトロエンのクリスミークがつけた。

 

メキシコシティですよね。流し撮りが素敵だ。都会の中のヤリスWRCもカッコイイ!ベースはトヨタVitzだけどね。ホント強かったり勝ったりすると相撲取りでもなんでもカッコよく映るから不思議ですよね。そう見てしまうから。

 

またまたラリープラスネットから(ラリプラメンバーズになりましょうね)

この日行われたのは、ラリーの拠点となるレオンから約400km離れたメキシコの首都。メキシコシティの中心にあるソカロ広場と周辺道路を使った1.57kmのコースで。パイロンターンあり、シケインありジャンプありという市街地ならではの工夫がこらされたステージとなっている。リバースオーダーのため、トップグループがすたーとしたのはすっかり日がくれてから。ランプポッドの灯りがきらめくステージはスタート前に降った雨のおかげもあって幻想的な雰囲気に包まれた。

半二年はSS1Xと名付けられたオープニングステージでベストタイムを獲得、ミークとヒュンダイのヘイデンパッドんが続き、SS4番手にはシュコダ・ファビアR5を駆るぽんたすティマンドがつける展開となった。ヒュンダイのティエリーヌーベルはSS7番手、ヤリーマティラトバラはSS8番手。Mスポーツのセバスチャンオジエはドーナツターンでのタイムロスが響き10番手タイムとなっている。トップのハンニネンからオジエまでの差は5.3秒。

結構差がありますね。しかしヤリスWRCのポテンシャルが高いと言う事が言えますね。木が好きなユホハンニネンですが、立木が無かったのでしょうか(笑)

ヒュンダイもあなどれない。色々揺れている韓国ですが、WRCラリーだけは元気なようです。

続けて行われたSS1y ここではSS1Xでの自信のタイムを10秒以上縮めるベストタイム。タナクがSS2番手、ヌーベルがSS3番手について、ユホハンニネンはオジエから1.3秒差のSS5番手になった。

この結果SS1Xでマージンを気づいたユホハンニネンが総合首位。1.6秒差でタナクとミークが並んでいる。

トヨタのヤリーマティラトバラは総合8番手。ユホハンニネンには6.2秒差の位置から上位を狙う。

M心とクルーはステージを終えた後、再びラリーの本拠地となるレオンに移動、10日からスタートする本格的なグラベルラリーに望むこととなる。明日のオープニングステージはイベント最長の54.90km。(SS2/4)。先頭走者で砂利かき役を担うラトバラにとっては苦戦を強いられることが予想される。

スタート時刻は日本時間11日2時28分の予定。

WRCメキシコSS1y終了後暫定リザルト

詳細はねRed BullTVをみてね

順位

ドライバー

マシン

タイム/差

1

ユホ・ハンニネン

トヨタ・ヤリスWRC

3:37.2

2

オット・タナク

フォード・フィエスタWRC

+1.6

3

クリス・ミーク

シトロエンC3 WRC

+1.6

4

ティエリー・ヌービル

ヒュンダイi20クーペWRC

+2.6

5

ヘイデン・パッドン

ヒュンダイi20クーペWRC

+3.2

6

セバスチャン・オジエ

フォード・フィエスタWRC

+4.0

7

ダニ・ソルド

ヒュンダイi20クーペWRC

+6.0

8

ヤリ‐マティ・ラトバラ

トヨタ・ヤリスWRC

+6.2

9

ポンタス・ティデマンド

シュコダ・ファビアR5

+6.7

10

ロレンツォ・ベルテッリ

フォード・フィエスタWRC

+10.3

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村