TEAM愛媛 すべての人に健康と福祉を

ヤリーマティ・ラトバラ最終SSでリタイヤ

TOYOTA TOYOTAGAZOO Racing WRCラリー モータースポーツ

11月19日(日)、2017年FIA世界RALLY選手権(WRC)第13戦ラリー・オーストラリアの競技

最終日となるDay3が、Australia東海岸のコフスハーバーを中心に

行われ、TOYOTAGAZOO Racingのワールドラリーチームのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組

(TOYOTA YARIS WRC)が総合6位でフィニッシュした。

 

最終日まで総合2位に付けていたヤリーマティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(YARIS WRC)

は最終SSでコースオフ。

完走を逃したが、ドライバーズ選手権4位でシーズンを終了。

 

TOYOTAは18年ぶりのWRC復帰初年度にシーズン2勝を記録。

マニュファクチャラーズ選手権3位でシーズンを締めくくった。

 

ラリーオーストラリアの競技最終日となるDay3は、サービスパークが置かれる

コフスハーバーの北側で4本のSSが行われた。

 

本来は5本のSSが予定されていたが、

午前中に強く降った雨により路面コンディションが

悪化しSS20はキャンセル。

 

 

 

1位のティエリー・ヌーベルと20.1秒差の2位でラリーを

スタートした

ヤリーマティ・ラトバラは最後まで

優勝を諦めず

最終SSにも攻めの

姿勢で臨んだがコースオフにより競技続行は不可能となり

リタイアで今年最後のラリーを終えちゃいました。

 

<ラリープラスNET>

 

ユホ・ハンニネンの好きだった

立木に行ってしまいましたね。

 

大したブッシュでは無いように見えますが

 

大したことあるんでしょうね。

右側の木も倒されてますしね。

 

最終戦の最後のSSでリタイアかあ。

ちょっと残念ですね。

 

まあこの結果を待たずして

23日の東京のTOYOTA本社での

WRC報告会は

欠席に決めてましたけどね

 

ちょっとみかんとりとか忙しくて(笑)

 

この後、TOYOTAGAZOO Racingの総代表の豊田章男氏も

コメントしてますけど

 

まだ「何か足りない」と

まあ18年ぶりに復帰して

 

いきなり優勝ばかりしてたんでは

ライベルたちも面目無いですからね

 

やはり長く戦っていた

Mスポーツやヒュンダイ

今年は強かったですね

 

しかしWRCのこのクラスは4社だけでしょう。

シトロエン 、フォード、TOYOTA、ヒュンダイ

もう2社くらい入ってくださいね

 

三菱とスバルで良いと想うのだが

どちらもその余裕は無いですかね

ハッチバックのクルマばかりなので

 

セダンのカッコイイ

ランエボとWRXの姿がみたいです

 

大きすぎるのでしょうか?

 

まあ頑張ってメーカー増えると良いな。

<ポチッとご協力オ・ネ・ガ・イ>

 

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村