TEAM愛媛 すべての人に健康と福祉を

竹林整備を森林の中に帰る一歩としたい!様々な取り組みが始まっている。

愛媛の自然 林業 環境 自給自足 農業

放置竹林について

森林もだけど竹林も多くが放置されている。

その原因は

・人口減で竹の子等食べる人が少なくなった

・食料の種類が豊富で即食べれるから調理の手間がかかる竹の子は食べなくなった

・竹ざるや籠など竹で細工する人や職人がほぼいなくなった。

・そういった籠やざるは値段がプラスチック製や中国製の方が安くなって取って変わってしまった。

などですかね・・・・。

 

これは数年前から始まっている

愛媛県は野村町中筋にある

「世界一大きな大門松」

中筋地区は今中筋郷

と称して地域おこしを頑張っておられますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一です!

なんと高さだけでも20.22mあります。

しかし竹灯りの素材も竹だし

根本の周囲も半端なく広い

新型コロナ撲滅祈願(笑)にもなってますしね。

まあ竹の上手な使い方です。

竹は切る時期にもよりますが

虫が付くしね。

結局毎年 切らないとダメですから

毎年山に入ることになります

どんどん範囲も広がり頻繁に入るので

放置竹林対策としては

とても良い事では

無いでしょうか?

そしてその竹に侵食された人工林を見て

最終的にはそのヒノキや杉林にも入り

伐採や植林をしたくなるのでは

無いでしょうか?

これまた、新型コロナウィルスのせいで

 

森林資源 おもに木材が市場に出なくなって

高騰していると言いますし

そろそろ日本の伐採時期を待つ

木材を切り市場に出す時期では無いでしょうか?

 

一方ここは竹の子林

道路も竹林も整備されてとても

気持ちの良い竹の子林です。ちょっとまだ土中にも

生えては無かったですけどね。(隣の林に1本土中から出ていました)

私自身はそういった

竹林資源を大切にしお金にすることも提案していますが

竹林自身に日を当て

竹林を「アートギャラリー!」

に出来ないかと

竹林アートプロジェクト」を提案しています。

・竹林資源の余った竹で地球や月などのオブジェを並べる

・同じくステージなどを創る

・ライトアップや太鼓の演奏などで盛り上げる

西欧には竹林は少ないと言いますし

海外の人にも人気が出るんと思うのです。

 

まあ今はコロナ過で難しい点はありますけど

これからです。

相当前から提案はしていまして

一部の地域でやってはいますが

まだまだこれからの事です。