TEAM愛媛 すべての人に健康と福祉を

肉厚の椎茸

愛媛の自然 林業 移住 自給自足 農業

ここは愛媛県は松野町の椎茸山

原木しいたけです。

原木はクヌギです。

愛媛の方はクヌギが主流だと思うけど。

他所ではナラやシイなども使われているようです

まるまると太った肉厚の椎茸で美味しそうです。

 

「どんこ」なんて言いますけど。

そこまでは厚くは無いのかな。

 

松野町は平成17年の大合併の中

合併しなかった町ですけど

それだけ松野町と言うアイデンティティが残り

 

正解だと思いますよ

いまとなっては・・・。

中に入ると色々と問題は見えてくるのでしょうが

 

まあ外から見たら自然を生かして

素敵な街に見えます。

 

ただ現金収入は大切な事ですが

桃や梅が有名ですが

山間部で面積も限られるうえ

収穫時は1時期だけなので

心もとない農家も多い事と

思います。

 

この椎茸は正月前後の冬の収穫として

重宝していますが

原木伐採から

収穫までも大変です

 

原木も4~5年の様です。

たくさんキノコが生えると原木も早く弱くなるそうです。

それはそうですよね。

 

そのたびにまた原木を切って並べる必要が

あります。

クヌギは育ちも良く炭などにも使われ

ほんと重宝しますね。

炭も茶炭として

高く売れることもあるようです。

 

しかし椎茸栽培も時期が限定されるから

ハウスで菌床栽培した方が良い様な気はします。

重たい原木を扱う必要が無いですしね。