コロナ過近場の登山で気分も晴れる。日本人が民度が高いというのはもうやめません。

コロナ過近場の山を登る

 

コロナ過で巣ごもり・・。

個人的にもかなりいっぱいいっぱいだし友達も色々沈んでるだろうと勝手に思い込んで

梅雨の晴れ間を狙って登山です。北アルプスとか登りたいけど

そこまで動けないですし、実力も無いですしね。

モンベルの新しい登山靴を買ったのですよ。

テナヤブーツ

無雪時の長距離トレッキング向けのシューズ

モンベルテナヤブーツ

これを選択した理由は

このシューレースでは無い

boaシステムを採用しているからです。

前の職場 工務店で屋根の上にあがる仕事があって

普通のランニングシューズで足場登ったら

雨で濡れていて滑ってコケてしこたま肘をうったから

一瞬折れたかと思いましたが

腕は大丈夫でしたが

足腰弱くなっているのを痛感

足腰を強くする運動が必要だと思っていましたが

その前に靴を購入

作業靴ねそれはアシックスの安全靴

CP304 赤色ベースに黒いアシックスのラインが

美しく買ったのですが

外皮は安っぽい人口皮革でしたが

それにboaシステムが付いていて

とても便利だと感じたのです。

その時

今後購入する靴は全部boaシステムのついている

靴にしようと思ったのです。

それがこれモンベルのテナヤブーツ

片足に2つづつ付いていますから

よりフィットします。

先に甲の部分を占めて

後から足首を締めるというイメージです。

これがboaシステムの中枢部。靴ひもを上手く締めきれない

私にはピッタリの仕組みです。

寒い時手が凍えてもこのシステムのダイヤルになる

この部分を回せば締まりますし

テンションを緩めるときは

これの蓋の部分???

を軽く引くだけで

一気にテンションが無くなります。

下山後すぐしたいことはそれです。

でもスリッパを持って行って無かったので

バカバカと歩いてしまいました。

しかしこのモンベルおススメです。

車の靴とも言えるタイヤでいつも泣かされていたように

人間の履く靴でもいつも泣かされていました。

 

やはり満足にフィッティングのアドバイスをしてくれる

店舗が少なかったり

無かったり 定員も今一だったりします。

今まで25㎝履いていたのですが

どうも私には26.5㎝が良いのが

最近わかりました。

通りで死ぬくらい痛かった靴やブーツもあります。

 

足は大事です。これからはじっくり測定し

自分に合った靴選びをしていきたいと

思います。ちなみにワイドなので

この黒っぽいカラーダークチャコールしかないとの事でした。

今カタログ見てますが

確かにダークチャコールしか存在しません。

茶色の好きな森はカーキブラウン

若しくは女性用のチェストナットが良かったのですけど

汚れが目立たないのでダークチャコールでも

良かったですけど。

今まで痛くなっていましたが

この靴は全然苦痛で顔がゆがむことも無かったです

 

早くも次の計画を練っているくらい

快適だったのです。流石モンベルです。

 

 

昨日は宇和島市の三浦半島の下波にある

権現山に登りました。

標高490Mですから

大した事が無い様に

思われることと感じますが

ほぼ海抜0Mに近いところから

登るので結構きつかったです。

登山口は道路のヨコなので

相も変わらずゴミだらけ

日本人は民度が高いとか

街がきれいにされているとか言うけど

そんな事無いです。

どこでもゴミを捨てるのが日本人です。

 

しかし素敵な方もいるもんで

本日は案内をしてくれました

方向さえわかれば

登れるのでしょうけど

ほぼ道らしい道が無いので

迷ったはずですが

とてもゆっくり案内してくれて

良かったです。

またこの写真の様にとても晴れまくっていました

木陰で(それだけ整備されていないとも言える)

 

海から吹いてくる風がとても気持ち良かったです。

幼稚園児と小学生を連れて行ったので

私は小学生を押したり引っ張ったりで

大変でしたが

彼らをなんとか頂上にあげ

安全におろしたので

それだけで大満足です。

途中は木々が大きく育ち

頂上付近も人工林がありましたが

まあ伐採されて無いですね。

上の写真は南側で流石に何も見えないので

いくらかは伐採されていましたけど・・。

頂上には神社もありましたが

山は荒れていました。

登山口はゴミだらけで

やはり山に入らなくなったのも大きいですけど

人口が激減していますから

確かに四国の西の方 愛媛県や高知県の西の方の

人口の減り方は半端ないです。

コロナ過で田舎で農業したい人は増えるはずと

大きな農業法人も頑張っています。

しかしゆっくり農業でもして田舎暮らしをしたい

と言う人には雇われながらと言うのも

大変です。

しかし独立して農家をやろうと思っても

まず農地を購入したり農業機械を購入したり

苗や肥料・農薬を買ったり最初にお金がいっぱい必要です。

一度購入したらなかなかやめれないので

ほんと悩ましいところです。

 

まずは法人で雇われて働くことになりますか・・。

ただただのんびりとはいかないと思いますけど。

 

自然はこの様にたっぷりあります。

海も良いけど南予アルプスと呼ばれる(勝手に読んでいる)

鬼ヶ城山系も

1100M級の山々が多く登り安いです。

道路も近くまで通っているので

今回登った

権現山より登りやすいかもです。

山を綺麗にしたいです。

チェンソーでも持って

伐採したい位でした。

なんとかしなければです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください