トヨタは他所のメーカーが造れるモノを売りたいのでは無くてトヨタしか出来ないものを売りたい!

まあどこのメーカーでもそうですけど。自社のオリジナル

ホント出来れば自社しか出来ないクルマを造って

売りたいですよね。

東京モーターショウでも

豊田章男社長が言っとられましたが

電動化するにしてもコモディティ化してほしくないと

 

部品の少ない造りやすい電気自動車

そこやかしこの特に中国の倉庫などで造ると

個性は無いし、バッテリーとモーターを

組み込むと大きなラジコンカーでは

あるけれど

 

多くのメーカーが出来る可能性がありますからね。

多くのメーカーが(すでに多くのメーカーが

電気自動車を製造しているけども)

 

個性ある電気自動車が出来るかも知れないけど

下手したら安売りに走るかもしれませんしね

 

ライバルの多くに勝つためには今までどんな製品でも

安売りはあったし。

 

そうすると今までのHYBRIDやディーゼルや4WD等

スポーツカーやおのおの特徴あるメーカーが

特徴を出しにくいですよね。

 

トヨタにしたら20年の歴史のある信頼のHYBRID

燃費も良いし走りも良い

 

そのHYBRIDをもっと長く売りたいけど

他メーカーや市場や相手国が許さないですよね。

 

VWのお膝元のヨーロッパにしても

トランプのいるアメリカにしても

電動化を早急に進めたい

中国にしてもHVは目の上の

たんこぶ的な事もありますしね。

 

でもそこで勝負してもお値段の下げヤイコになっても

いけないのでトヨタは慎重ですよね。

 

やはり売りたいのはまだまだHVだし

WEC 世界耐久選手権で磨いたモータースポーツ用の

HYBRID技術を積んだスポーツカーを発表したり

 

マルチステージHYBRIDのLEXUSを投入したり

 

そして我がプリウスPHVを出したり

35系と52系ではスタイルだけでなく

そのPHVの技術は圧倒的に進んでいます。

 

でもあまり売れていません。値段が高いとも思いますが

トヨタは値段が高いクルマを造ったのつもりはなく

少々高くても売れるクルマを造りたかったんですよね

 

十分プリウスPHVにはそのポテンシャルあります。

ただうまく説明できるセールスマンはいません。

 

HVとの違いが明確に説明できないからです。

スタイルも全然違ってアカプリ子はとても

ZVW52のスタイル好きですが

スタイルだけではその値段の差は埋めづらいです。

 

やはりライフスタイルから電気代の契約から

説明できるスキルが必要です。ランニングコストを気にされる多くの方はHVで十分だと

思うでしょう。

 

それも其のはずHVでは出来ない急速充電が出来ますけど

PHVでは。

 

でもそれしちゃうと

倍くらいコストが掛かる

HVのね。

 

なんでもできるけどなんでも説明しちゃうと

消費者は迷う。

 

とにかく私もトヨタもこのクルマ

ZVW52プリウスPHV売りたい!

 

地球や財布の環境を守るためにも

 

<ポチッとご協力お願いします>

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

WRCラリー セバスチェン・オジエ M・スポーツに残留

昨シーズンまでVWワーゲンで4連覇
そして今年M・スポーツに移り

<ラリープラスNETより>

まさかのドライバーズチャンピョン

純ワークスのTOYOTAやヒュンダイと違い
Mスポーツは資金的に潤沢で無いですからね。

潤沢に資金のあった昨年までのVWワーゲン

あのディーセル車の排出ガス問題で

 

賠償金やらリコール費用やらで相当お金が必要なので

この様なレース活動から撤退ですね。

 

AUDIも世界耐久選手権 WECから今年撤退、ポルシェも来年から撤退

トヨタを追い抜き追い越せで

販促も頑張ったけど

結局反則で痛い目に合いましたね。

 

話によればまだまだこれから大変な事になると

思うのですよね。

 

しかしVW参加にはAUDIもポルシェもベントレーもLamborghiniもあるから

なんとまあ贅沢ですよね。

 

ディーゼルで無理しなくても良さそうなモノだったのに

やはり次世代環境適合車が

ディーゼルと踏んていだのでしょうか

ダウンサイジングターボで1200CCくらいの

エンジンにターボを付けて

 

パワーもトルクも2000CCと同様

それでいて1200CC並の燃費!

 

というのが売りだったのでしょうが

結局極端にダウンサイジングターボの時代は終焉しましたね。

 

やはり小排気量で大馬力を出すと言うのは無理があるのでしょうか

そこでディーゼルエンジンですけど

トルクもあって高速も余裕で走れる

ディーゼルはヨーロッパを中心に人気でしたから

 

HVは完璧にトヨタにおいて行かれてましたからね。

しかし排出ガスの削減問題は

 

ホンダのCVCCを初めとする技術でクリアした

マスキー法という高いハードルが

ありましたけど

 

日本勢だけでしたからそれをクリア出来たのは

 

この問題を機にヨーロッパ車は一気に電動化に

シフトしていきました。

 

しかしトヨタはあまりそれに追随して行ってないです。

「もっといい車を創ろうよ!」という

スローガンの元

 

LEXUS他個性的な高性能車を次々と出したり

発表したりしています。

 

次世代は水素自動車だと頑張ってます。

 

このブログでも批判をいっぱいしてきた

水素自動車だけれども

 

これからはいっぱい応援していきたいと

思います。

 

水素は究極の環境適合者だし

電気自動車よりも個性が出せる

少なくともトヨタらしさは

出せるはずなのです。

 

それがトヨタの収益にも繋がります。

 

電気自走車だと

ビッグ3ならずスモール・ハンドレッドになるおそれが

あります。

 

そうすると豊田章男社長の言うコモディティ化してしまう

おそれがあります。

 

個性的そのうえ日本の産業が発展するような

次世代の環境適合車

 

それを応援していきたいと思ってます。

とりあえずはプリウスPHVです。

 

オジエの残留記事とはあまり関係ないところに走りましたが

フォードから少し援助が増えたのですかね

 

WRCのチャンピョンを5年連続その上にハンサムな

セバスチャン・オジエを引き止めておくには

 

M・スポーツは資金不足です

 

スポンサーが頑張ったのですかね

まあお金のあるヒュンダイとか

いかなくて

良かったです。

チームメートのオット・タナクはトヨタYARISWRCに

 

乗るのでとても楽しみです!!

 

<トヨタとこのブログの応援をお願いします>

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村&nbspにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

本日の電費は7.6km/kwh

早朝の充電で4.7kwh消費してますね。

寒いとあまり良くないです。

昨日も34km走って4.5kwh充電。7.5km/kwh

本日のWHMの指示数は367.5kwh ご存知の様にプリウスPHV

充電用の専用のメーターです。

前回は11月26日で363kwhですから 4.5kwhですね。

 

36km走りましたから

36km÷4.5kwh=7.5km/kwhですね。

良いときより2kmくらい落ちていますが

やはり寒さと暖房。

いたしかた無いですね。

 

二酸化炭素の排出量は0.53kg−CO2 / KWH

なので

 

0.53kg✕4.5=2.385kg

一日これだけの

 

二酸化炭素をプリウスPHVから排出していることに

なります。

 

今は殆どの発電所が火力発電所ですから

いくらPHVで電気だけで走っても

 

かなりの排出量ですね。

これをガソリンだけで走ったら

倍くらいにはなりますが

 

多くのガソリン車が毎日たくさんの二酸化炭素を排出しています。

そこが問題ですよね。

 

この100年高度成長期やら産業発展で

多くの二酸化炭素を排出し続けました。

 

科学者や環境保護団体やら

色んな国や多くの人が二酸化炭素の影響による温暖化の危険性を

訴えているけど

 

中々二酸化炭素の排出量を削減できないですよね。

削減を訴えだしたら隣の国が急激に成長し

 

思い切り化石燃料を消費し

二酸化炭素を思い切り排出しているからですね〜。

 

隣の国の産業の発展を止めるわけにもいかず

もどかしいですよね。

 

せめて自分の車からの排出量は

極力抑えてみたいものです

 

一説には長期的に見れば氷河期と氷河期の間で

いづれ氷河期になってくるからと

 

温暖化を心配していない人が多いです。

しかし、毎日の様に動植物は絶滅しています。

 

絶滅した動植物を特に動物を再生することは

容易なことではありません。

 

短期間の温暖化によって種が絶えてしまうことが問題です。

 

TOYOTAは20年も前から環境のため

燃費改善のためにHYBRID車を出し

 

二酸化炭素排出量の削減のため色々寄与しました。

しかし

 

それが却ってガソリンの消費量を減らし

ガソリン価格の低迷にも影響を与えました。

 

それが結果少々燃費が悪くてもステータス性の高い

大きくて燃費の悪いSUVやピックアップトラックなどを

購入する人が増えました。

 

皮肉なものですね。

ですからTOYOTAを応援することにしたのです。

 

電動化に一歩遅れたTOYOTAは

まずはプリウスPHVを販売する必要がある。

そしてその技術でFCV やEV車など

を開発する必要があると。

 

とりあえずプリウスPHVは売らなくてはいけない

車種なのです。

 

そのため

風見鶏となり真っ赤なプリウスPHVを購入することに

なりました。

 

なんとかヒットさせたいですね。

ホント一日走っても50円くらいな電気代ですからね。

深夜の安い電気で

 

充電することが大事ですけど

 

どこにもいないと思いますよ。

PHV専用の電力メーターを

付けてる人なんて

 

結構高かったのですから。

 

TOYOTAのためTOYOTAを応援する私を応援して下さい。

<ポチッとお願いします>

 
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

プリウスPHVぶつけてもうた。

プリウスPHV 狭いところを通った時に

ガードレールならぬガードパイプにぶつけてしまいました。

 

ショック!!ショックですね!!!

それから家までどの様に帰ったか覚えてません。

7イレブンで一度停車し確認したら

結構大きなキズが付いていて

そのままブルーな氣持を引きずって帰りましたが

 

なんとか無事帰って良かったかも

 

でも帰ってコンパウンドに磨いたらほぼ傷は見えなくなりました。

後はコーティング剤を再度塗るだけですね

 

これもミラーレスだったら起こさなくて済んだ事故

事故ってほどじゃないですけど

 

LEXUSのLS500もミラーレス採用しなかったですね。

どうしてかなあ

 

空気抵抗も少なくなるしデザインも自由になる

妙な事故も無くなる

 

室内にディスプレイを設置すれば

視線もそんなに動かさないで

良いですし

 

後ろをまったく気にしないドライバーも

室内にあれば

 

多少は見てくれるかもしれませんからね(笑)

先進のクルマ プリウスPHVから採用してほしかったです

 

後付となるとかなり高そうだし

デザイン的にというか技術的にうまく治まるかも心配ですしね。

 

しかしショートカットとか早周りとか好きなアカプリ子も反省もんですね

ついつい時間短縮距離短縮のために

 

裏道走るんですよね

もちろん道狭いからぶつけるリスクも増えるのだけれども

得意なので大丈夫と思っていたけど

 

暗くなっていたのもあってぶつけてしまいました。

ほとんど残らない傷だったので

良かったです。

 

しかし急がない時はショートカットやめることにしました。

ブルーな氣持で運転すると

なおさら交通事故に巻き込まれる気がするからです。

 

今日で5985km 6000kmまで1箇所の傷のはずが

2箇所になってしまいました。

 

1箇所目は山道を走っていたときに

おそらく出来た木による擦り傷

 

これはまああカプリコしか気づかない傷ですけどね。

しかし6000km 半年点検でオイル交換もしましたが

未だオイルを使って無いですね

12月に入れば遠距離も走るので

 

テストしたいですね。

 

さてさてミラーレス国産第一号車は

どれになるのか?

 

マツダかなあ

 

デザインかなり力が入っているからですねえ。

TOYOTAも頑張って欲しいですね。

 

昔も赤い車に乗っていて

洗車やワックスのたびに擦り傷が目立っていたけど

今の赤の塗装 エモーショナルREDは

高いこともあり

 

塗装は丈夫そうですね。

5万円も高かったですしね

 

明日からもっと大事に乗ります。

ぶつけんように。

こんな記事もあまり書きたく無いですしね

(笑)

 

<ポチッとご協力お願いします>

 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
&nbspにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

GRMN VITZは 400万円!

新しい販売チャンネルGRから出る

GRMN VITZは400万円もするのですね。

 

どうそならこちらのYARIS GRMNにしてほしいですよね

TOYOTAGAZOO Racingがプロデュースするなら

 

よりWRCマシンに近づけて欲しい

FRANCEで造っているのならなおさらです。

 

 

フロントマスクが全然違いますから

YARIS GRMNにしてほしいですよね。

ネーミングもVITZを捨てて

YARIS に変更して良いですから

スポーティーな

 

YARIS GRMNにしてほしいです。

まあ GRMN vitzの方が大人顔と言えば

大人顔ですが。

 

GRはGAZOORacingの 略かと思うのですが

 

MNは何か知ってますか?「Gazoo Racing tuned by Meister of Nürburgring

 

マイスター オブ ニュルブルクリンク

 

の略ですね。まあGRのホームページから借用すると

 

Born on Nurburgring

世界一過酷なコースと言われ、
世界中の自動車メーカーが車両開発を競うドイツ・ニュルブルクリンクを舞台に、
「クルマの味づくり」を続けているGAZOO Racing。
その活動の中で、企画・開発、そして味付けされたコンプリートカーブランド『GRMN』。
一般道からサーキットまで「道を選ばない走り」「誰もが気持ちいいと感じる走り」を追求し、
クルマ好き、クルマファンに向けて「クルマの夢」と「走る楽しさ」を提案する台数限定モデル。

 

ということですね。

なぜ400万円もするのかその中身をみたいですね。もちのろん

乗っても見たいです。

まずはエンジン

 

スーパーチャージャー付1.8Lエンジン

1.8L 直列4気筒エンジン(2ZR-FE)にスーパーチャージャーを搭載することで、

圧倒的なパワーを発揮。低回転からドライバーの意思に即座に反応し、

レスポンスに優れたピックアップを堪能できる、

 

GRMNの心臓部にふさわしきパワーユニットを実現しました。

最高出力:156kW(212PS)/6,800r.p.m.
最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/4,800r.p.m.

 

次に目につくには大事なブレーキ

 

フロントに対向4ポットキャリパー、スリット入りの大径ディスクを採用。

ディスク厚をアップしブレーキ振動に対しても余裕を持たせるなど、

サーキット走行にも対応する性能を確保しています。また、リヤにも大径ディスクを採用し、

リニアなブレーキフィーリングを実現。さらに、

滑りやすい路面でのスポーツ走行を妨げないVSCの専用チューニングを実施し、

雪路やダートにおける走行性能も高めました。

 

そしてタイヤとホイール

BBS製17インチ鍛造アルミホイール

スポーツ走行から日常シーンまでカバーするオールラウンドな性能のタイヤに加え、

専用のマットグレー塗装を施した超軽量の鍛造アルミホイール(BBS製)を採用しています。

 

サスペンション

専用チューニングサスペンション

SACHS Performanceアブソーバーを採用。路面変化に応答よくストロークする一方で、

大入力をしっかり受け止める、スポーツと快適性を両立したチューニングを実現しています。

 

そしてBODY

 

高剛性ボディ

もとより高い剛性を実現している欧州Yaris用3ドアボディをベースに、

アンダーフロア前後へのブレース追加により高次元のボディ剛性を実現。

フロントサスペンションタワーバーも追加し、高度な操縦安定性を実現しています。
■写真はアンダーパネルを外した状態。説明のために一部着色しています。

 

他に外観や内装も違うようですが

やはり基本性能がぜんぜん違うようですね。

 

メンテナンスもGAZOOの向上GR Garageを推奨していますね。

中々コストがかかりそうですね。

 

部品も1年保証の物もありますね。

良く聴いて良く読んで購入してくださいね。

 

ただだれもかれも購入できなくて

抽選の予定ですね。

 

商談申込みは来年4月9日からの様です。

 

さてさてこういったGRの取り組みやしかけが

若者のクルマ離れを防止することが出来るか

楽しみですね。

 

GRの取り組みやTOYOTAのレース活動応援してます。

 

<ポチッと応援をお願いします>

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

レトロなデザインのバイクも KAWASAKI Z900RS

KAWASAKI Z900RS

昔 Z750 Z900とかで

もしくはZ−1 Z−2とかの名前で出てた

やつですね。それの復刻版です。

タンク形状とかテールカウルとかは本当に

そっくりです。

エンジンは水冷でフィンを付ける必要も無いのですが

わざわざ似せるためにフィンをリデザインしています。

 

 

とても違うと感じるのがキャストホイールと

マフラー

キャストホイールは昔はスポークだったし

マフラーは4本出しでしたね

 

KAWASAKIのホームページの動画からのカットですが

昔のZの方が魅力的に映るのは私だけでしょうか?

 

動画の方はこちら

新型の方がコンパクトにも見えますね

旧型はフロントフォークやハンドルが間延びして見えます

 

エンジンのカムカバーやら細かいところは

昔の方がデザイン的には素晴らしいですけど

 

現代の基準にマッチしたLEDヘッドライトや

キャストホイールなどは

魅力的ですね

 

テールカウルも短くて

全体的にやはりコンパクトに映ります。

 

バイク業界厳しいですからね。

バイクブームも何度も

ありましたが

 

今やバイクの売れ行きは最盛期の1/6とも聞くし

ハーレーダビッドソンやBMWやTriumph DUCATI等

外国勢の方が勢いがある

 

あまりに厳しいのでヤマハの50CCをホンダがOEMで

造ったりする

 

小さな排気量のバイクは排出ガス対策がうまく出来ないらしく

なんとモンキーまで125CCになったり

 

ホント2輪車に対する環境はあまりにも厳しすぎますね。

暴走族等 悪いイメージも長く

 

引きずってますしね。

 

50CCやツーリングや親父バイクや色々

ヒットやブームもありましたが

 

現状の打破は中々難しいでしょうね

 

やはり新たなバイク文化を創る必要がありますよね

 

発展途上国でも通勤風景のバイクの数はある意味

文化ですしね

 

今でも国内でもハーレーダビッドソンの集団は良く見ます

 

しかし国内バイクの輝きは中々戻りませんね

そこで輝いてた

時代のバイクをリデザインして出す

 

このKAWASAKIZ900RSの手法はありがと思うのです。

 

私もCB50Sの様なカフェレーサースタイルの

バイクが出たらいいと思うのですが

 

昔のCB400FOURも良いなあ

 

スズキ・カタナも良いなあ

ヤマハはSR?

廃盤が決まったばかりです

 

クルマもTOYOTAの2000GT期待してますよ

 

そうですね。輝いていた時のスタイル そして新しい技術

そして新しい文化

 

 

そんなところを抑えてイケば復活可能かな?

 

ヤマハさん MT10で考えますよ!

 

<ポチッとご協力お願いします>

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

レトロなハイエース発売 リラクベースまるでヴァナゴンのようなカラーリング

 

困ったときのResponse

 

またまたTOYOTAがやっちゃってくれました〜。

レトロ感な外観デザインのハイエース、モデリスタ使用

リラクベースですね。

フロントマスクや2トーンのカラーリングがまるで

フォルクスワーゲンのヴァナゴンの様ですね。

 

 

このハイエースの200系ていうのですか

もうすぐモデル末期で

新型からは安全対策のためというかお国の安全対策ですか

ノーズが長くなりますから

 

室内が広い方が良いというサーファーや

仕事に使う人には

買っておくのも手ですよね、

しかし

 

近所にもこれのワイドモデルを仕事にプライベートに

使ってる人がいるけど

 

乗り心地が決して良くないらしいですね

乗り心地を求めるなら

 

アルファードとベルファイヤでしょうが?

周りにはこれに乗っている人ばかりです。

 

確かにラグジュアリー感やゆとりはあるけど

ちょい下駄にはならないですからね

 

その点アカプリ子のあCaplioこと赤いプリウスPHVは

長距離も乗れるしちょい下駄でも燃費が良いし

コンパクトで満足ですね。

 

アウトドア好きのアカプリ子ですが

キャンピング道具が積めないのが

難点ですね。

スノーピークの焚き火台やバーベキューセットもあるのですが

汚れたそれらを積むのに

いたわしいですよね。

 

そのうち気にならなくなりますけどね

 

そう云うときに欲しいのがハイエース。

もっと欲しいのがハイラックス。

 

TOYOTAは車種のラインナップを減らすと云うけど

本当にそれが正解なのでしょうかね

 

ハイラックスも今注文しても

来年納車らしいですね。

 

まあタイで造って船便で送ってたら

当たり前ですかね。

 

こんな遊びココロ溢れていて

遊び道具がボンボン積める

 

ハイラックス

羨ましす!ですね。

 

でもハイエースこそ荷物を安全にたくさん詰めますよね

 

ハイエースが良いのはディーゼルの3㍑があること。

ライバルのNVには無いですからね

 

このリラクベース

 

フロントマスクにTOYOTAの文字があるのも

レトロ感を増してますね

 

荷物の多い方

オススメですよ。

 

これでみかん積んで東京で売るのも良いなあ

友人が持っていたなあ

大きな果物の店をやると

言っていたけど

 

あれは実現したのだろうか

燃費はディーゼル3㍑で10km/㍑と

あまり良くないらしい

 

やはりハイラックスの2.5㍑で

重トラ市やるのが良いのか

軽トラ市に対抗して

 

まあ荷物が積める車というのは

夢も積めます

 

みなさんなら何を積みますか?

<ポチッとご協力お願いします>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

KIROBO miniTOYOTAから発売!

プリウスPHVと繋がる KIROBO miniですね。

いったいどのような事が出来るのでしょうかね。

本日11月22日発売ですね。

いったい何が出来るのかなあ

 

 

なんかソニーのアイボの方が色々機能が付いていそうですね。

石原さとみさんも可愛いけど

このキロボもとても可愛いですね。

 

しかしこの会話型ロボ なぜTOYOTAが販売するようになったのでしょう。

 

これから自動運転の時代ですからね

AI技術を磨くためにも

この対話型ロボットを普及させ進化させる必要が

あったのでしょう。

 

しかし本体は39800円の税別ですけど

42984円

毎月通信費が税込み350円

 

必要ですね。毎月のプリウスPHVのガソリン代というか

電気代が1000円くらいしか必要ないのに

350円とは高いですね(笑)

 

このデザインはあのロボットクリエイターの高橋智隆さんのデザインですかね

あのROBIのデザインのですね。

 

シャープのロボホンも高橋智隆さんとのコラボですよね。

 

おそらくこのデザインですからTOYOTAのホームページでは

高橋さんの名前はクレジットされてないですけど

高橋さんも参加しているでしょうね

でないとTOYOTAも訴えられる???

アンドロイドでもiPhoneでも使えますね。

アプリさえいれれば。

 

アプリ機能としては

キロハート

・たくさんお話すると成長します。

研究

・アップデートをお知らせ。NEWMarkをチェック

 

つながり

・あなたのニックネームを変更できます

・KIROBOminiの名前を変更できます

・ペアレンツロックで、追加ユーザーの権限を制限できます。

・耳の良さ(音声認識感度)の設定が出来ます。

・登録アカウント情報の詳細が変更できます

・ユーザー切りかえ・登録等ができます

・おくちチャックモードでマナーモードに対応

 

教えて

・キロボ診断で本体の異常・不調が調べられます

・よくある質問を確認できます

 

うーん。高いわりに機能はいまいち少ないような気がしますね。

まあお値段がソニーの新型AIBOよりかはかなり安いから

こんなもんですかね。

 

肝心のプリウスPHVとの対話というのも

イマイチわかりませんね。

 

可愛いけどいらないですね。

今後の成長やアップデートに期待ですね。

 

<ポチッとご協力お願いします>

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村