【宇和島 宇和海のめぐみ「釜揚げしらす丼」!!】

昨日頂いたシラスの釜揚げで朝食を頂く。昨日茹で上げたものでとても美味しい。カルシウムもたっぷりでしょう。茹でたてならなお美味しかったでしょうね。

リアス式海岸である愛媛県宇和海の沿岸には各港港にシラス業者の工場があって(もちろん無いとこもあるけど)

中には全国区の大きな工場もある。

うなぎに始まりサンマやマグロや多くの魚の不漁が連日の様にテレビを賑わしているけど温暖化など環境の変化もあるけど乱獲によるところも大きい。

このしらすも最近ではなかなか獲れないらしいですね。

しらす網はとても目が細かいから他の稚魚までたくさん収穫するのは問題ですね。昔 カジキマグロの稚魚が網に入ってたらしくその乾燥したものを

「ちりめんモンスター」だと喜んでいましたが、なんかへんですよね。

他にも鯛の赤ちゃんとかイカの赤ちゃんが入ってたりします。それ以上に海の汚染が問題です。

この様な新鮮なしらす丼がずっと食べれるか心配なくらいです。

宇和海のイカも獲れなくなったと聞いています。

宇和海の場合 みかん山が多く占めてますからその消毒薬が海に流れていくのも問題です。

まだまだ下水の整備が出来ておらず、合併浄化槽にもなっておらず

台所やお風呂の汚水がそのまま川や海に流れているところも多くそれも大きな問題ですね。

宇和海はその地形を利用して魚や真珠の養殖が盛んです。真珠養殖は有名ですが今年は稚貝も母貝もかなり病死し問題になっています。

海水の温度が高いからなどと言われていますが、生活排水の問題も多くあると思います。

宇和海の美味しい魚がいつまでも食べれるように環境を少しでも良くして行きたいです。

 

 

 

 

【耕して天まで登る!】この段畑みかん

ここは西予市明浜町にあるみかん畑である。標高0mの海抜から200mくらいは登るだとうか?

 

みかんといえば愛媛 愛媛と言えばみかん!

というくらい愛媛ではみかんはポピュラーですが。

色々大変なことも多いです。

 

一番大変なのは「機械化できない!」って事では無いでしょうか?

大変な運搬はこのモノラックというモノレールを使用した運搬の機械があるからこの運搬作業はかなり助かっています。

もちろん軽トラックも頑張ってます。狭い山道軽トラックだらけです。普通トラックやハイエースハイラックスは入って行きません。

入っても離合は出来ません。

 

 

ここはトヨタも軽トラ作って無いので ダイハツからOEMで販売はしてますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピクサストラックという名前です。

しかしトヨタの軽トラはあまり欲しくないです。今はスズキのスーパーキャリーがほしいです。

 

 

今回、カーキー色が出ました。この色ダイハツにはあったのですが、

 

スズキのスーパーキャリーは爽やかなガーデニングのグリーンかブルーの間の色だったのでさびしかったのです。

話がかなりそれてきましたが

 

やはりみかん作業の大変なのはその収穫です。

一個一個丁寧に摘み取ります。ハサミで。小さな物になるとみかんのキャリーをいっぱいにするのにかなり時間がかかります。

摘果していないとなかなか理想の大きさになりません。大きすぎても生果としての製品にならずジュース用として加工品行きです。

 

この辛い辛い収穫作業 みかん採果が終わっても待っているのは

選果もあります。生果として製品になるものを分けるのです。

今、そのみかん農家もその作業のためのアルバイター獲得も大変です。そしてその農家自体の後継者も不足しています。

愛媛県八幡浜市ではそのみかん農家のために立ち上がりました。

クリスマスオレンジです。

もともとカナダであった風習なのですが

カナダでは雪に閉ざされる寒い冬

日本からみかんを輸入して大切な人に送ることを「クリスマスオレンジ」といっていました。

その風習を逆輸入し日本でもみかんを送り合う習慣を

トレンドにしようと頑張ってます。

それから8年 随分と定着してきました。

みかんの価格も高止まりしてきました。八幡浜にはボチボチとわかき後継者も生まれて来ています。

このみかんオブジェはそのシンボル 直径7mもあります。製品にならない大玉を使用し、

最後は焼却 炭にしてみかん山の肥料として使用されます。

 

このクリスマスオレンジ

 

8年も前からやってます。当時はまだクリスマス・オレンジナイトという

言葉のみググっても出なかったのに

今は4000万件くらいヒットする

すごいムーブメントというか文化になってきました。

 

8年前の当時と言えば仕事も少なく今の様に人手不足とは言っていませんでした。

愛媛の主産業でもある

第一次産業は低迷していました。

 

みかんも言わずもがなで、経費ばかりかかり

手取りは少なく

後継者もいない

 

作業は急傾斜で足元は悪く

まだこの段畑は石垣があるから良いけど

石垣の無い山は命綱を使って

ミカン獲りするそうです。

 

その石垣の無い宇和島市吉田町の

ミカン山は

 

西日本豪雨災害で多くが崩れました。

 

これは2018年7月災害の後に行った時の

写真です。

山々がここそこで崩落しています。

まるで大きな熊が爪を研いだ感じです。

 

ホント自然相手の農家と言うのは

大変な産業だという事がわかります。

 

そして2020年新型コロナウィルスCOVID-19の影響。

大変です

 

しかし生産は出来ます。

ミカンや野菜やお米を作って

自給自足も目指します。

 

田圃も畑も耕作放棄地が多いです。

高齢化が進んで

 

放棄されるから多いのです。

今稲作で食っていくのは大変です

 

柑橘はそこそこになります。

柑橘を主にして農業従事はおすすめ出来ます。

 

肥料や消毒は結構かかります。

まずは明浜町の無茶々園みたいな

農業法人で

農業力 農業のスキルを高め

その後自分の農園を持ち広げるのを

おススメします。

 

ほかにも法人ありますから

連絡くれたら

紹介しますよ。

 

日本の一番の欠点は

東京や大阪や都市部への人口集中

 

これが今回の新型コロナウィルス COVID-19でそれが

より露呈された形

 

東京の罹患者が飛びぬけている

医療崩壊もすでにしている

 

それも人口密度が高いから

それに高齢化もどんどん

進んでいる

 

それが田舎なら人口密度も低く

人に合わない日もある

農業では人と会わなくて済む

 

なんとか暮らせるんでは無いか

林業や

農業や

漁業や

 

みな人と会わなくて済む仕事がある

アフター新型コロナウィルス

が楽しみなって来ましたよ。

あまり喜んではいられない

4月23日の状態では

ですけど・・・・・。

 

その後のこと

アフター新型コロナウィルスの事は

考えていないと

 

来年の新卒の募集は減らすという

回答をした企業も多いようです。

 

良い人材が入る可能性も出てきました

今回の件で都会の若者も嫌気がさしているでしょう。

 

自然いっぱいの愛媛県

そしてミカン山の多い

愛媛県南予地方で

 

農業で食って行きませんか?

連絡ください。待ってます!!!

 

 

 

 

【狩猟免許取得】

今、愛媛県南予地方への移住促進をしているのだけど、南予にはあまり良い給料を支払う企業や工場が無くて農業をおすすめしている。

なにせみかん王国愛媛。みかんに付加価値を付けたり農業の後継者を発掘するため「クリスマスオレンジ」なんてことも発信している。

愛媛県は柑橘類の生産も有数だけど、その穏やかな宇和海を利用した養殖も盛んだ。農業はほかに栗とかキウイフルーツとか、米とか麦とかも盛んだ。

林業については国土の2/3の面積があるが、ここ四国は見ての通りもっと高く高知に限っては森林面積は84%を占める。

しかし、日本の田舎はほぼどこも同じで激しい人口減少に陥っている。

15年ほど移住促進事業を行って来ているが、それでも数人の移住は成功している。しかし悩むのは害獣被害。中でも酷いのは、イノシシとハクビシン。

両者?とも作物の美味しい時期を知ってるだけにたちが悪い!収穫前に全滅に追いやられその上田畑を重機で荒らされたようにして逃げた!!なんて話も良く聞く。「泥浴」と言って、水のある休耕田なんかでも、体に付いたダニを落としたり、体温を下げるために荒らされているのをよく見る。「ヌタバ」というらしい。

この春明浜シーサイドサンパークの塩風呂はま湯で出会った漁師はなんと

200頭/年狩猟するとの事。で弟子入りすることにした。

5頭~8頭/日もあるらしい。イメージとしては4~10人でグループを組みあのダルメシアンなどの猟犬をたくさん連れ、山を歩き犬で追い出し鉄砲で打つ!

獲れても1~2頭/日なので、その明浜の猟師の話は驚いた!!

弟子入りするためには狩猟の免許がいるとの事でまずは「わな猟」免許を取得することに!

と思った日が締め切り日の1日前であわてて申し込みしました。

詳細は愛媛県の狩猟免許のホームページをみてください。

という事で試験まで10日ほどしかないから申し込み後慌てました。

もう少し調べてから申し込みすべきですね。YOU-TUBE とかブログにたくさん紹介されているからそれを見てから申し込みすることをお勧めします。

 

そして大日本猟友会の事前講習会を受けることをお勧めします。

試験の1週間前に大日本猟友会の講習会があってこの本と例題集を頂きます。

講習会とこの本2冊で1万円くらいいるらしいし、完全に県と猟友会はうまい事繋がっていて、お金が入る仕組みが出来てますが、いきなり実技試験があって

これから猟をする人が実技が出来るのも変???だと思うのですが

その実技試験を受けるのに見たことも無い罠をセットするのは不安で不安で。これもYouTubeに動画がたくさんありますが、触って無いというのも不安で不安で。ですからこうしゅうかいを受けることをお勧めしますよ。

これからイノシシを捕獲するためにくくりわなをしていこうと思うのですがテスト時は箱罠のみ選んだらいいです。1分ほどでセットできますから。

会場には40人くらいそのうち若い女性が2人。やはりイノシシが多いので困ってる様でした。まずは30問の3択。適当なものと誤っているものを3つの表記の中から選ぶんだけど問題集を手に入れて無かったので不安なものも5つくらいあって。ここでも講習会を受けて無いことを後悔。まあ全員合格で次は

狩猟して良いものの〇×鳥類28種と獣類20種の中から狩猟して良いものを〇と名前。狩猟していけないものも×と名前は要らない。しかしここでも難しい鳥類のカモ類をしっかり勉強していたのだが、鉄砲は取らないので鳥類は問題が出ず。ここでも後悔。

そして最後は罠の実技。6つの罠の中から使えるものと使えないものを〇×。これはストッパーがあるか無いかとトラばさみなど最初から禁止されてるものもあってこれは簡単。そして一番恐れていた実技はその6つの中から一つを使って実演。もちろん使えないものを選ぶことは無いと思いますが。簡単な箱罠を選択。しかし実物を触るのは初めてで、緊張しましたが、少しひっかけ方が違っていてでもそこは教えてくれました。

「まあ落とすようにはなっていない!!」

けど、やはり事前講習を受けることをお勧めします!そして銃の免許を取得することも。私は来年取ります。

空気銃です。まあ銃のイメージも散弾銃のイメージがあって。親父が使っていていろいろと面倒そうだと。空気銃もシュパシュパしなければいけないイメージがあったけど。あらかじめ空気を入れることが出来るエアライフル。これが滅茶カッコいいFXというメーカーのモノ。

40万~50万円くらいしますけど、カッコいいので。これで鴨打って自給自足をしますぞ。