「トヨタ」タグアーカイブ

【トヨタ応援ブログ!】だから トヨタの記事を書こう トヨタ新型ハリアー発表!!!超エレガントでカッコいい!!レクサスより良い!!

トヨタ応援ブログ

なのに草刈り機や

チェンソーの話

 

ばかりになって来ました。

 

新型コロナウィルスの蔓延する中

中々車の話題も無いのですよ。

 

プリウスPHV

事は別ブログで書いていますけど

 

トヨタの多くの工場も停まってますし。

日産なんかはレイオフもしていますしね。

 

自動車業界も大変な事になりました。

日産や三菱などはそうで無くても

ゴーン氏のお陰で

大変な目にあっていたのに

 

これこそ

「弱り目にたたりめ」です。

 

しかし自動車業界は凄く裾野が

広い会社ですから

 

親会社である自動車メーカーが

もし万が一の事があれば大変ですよ。

 

例えばトヨタのアイシン精機

売上高‎: ‎連結:3兆9089億37百万円(2018年3月期)
従業員数‎: ‎連結:11万4478人(2018年3月末時点)
事業内容‎: ‎自動車用部品の製造
業種‎: ‎輸送用機器
トランスミッションやブレーキを創る会社ですが
11万に以上もいますよ。

デンソーについては16万人以上もいますね。

 

日産の子会社

カルソニックカンセイについては

既に名前がマレリになって

無くなっています。

工場の閉鎖もやってるようです

 

親会社がくしゃみをしたら

子会社は大風邪をひく

中には倒れてしまう人もいる

 

昔 東京電力の社員が

「新婚さんいらっしゃい!」

 

に出た時に

東京電力の紹介で

「絶対に潰れない会社」という風に表現したときに

 

凄い違和感があって もう15年以上も前の事だと思うけど

今でも覚えている。

 

「絶対に潰れない会社」など存在しない。

現に今大変なことになっている

 

 

それは例えGAFAでも。

そういえばこのビッグな

 

GAFAの中でもアップルとグーグルが

組みましたよね

 

新型コロナウィルスの感染者と

接触してる人が

わかるアプリを開発すると

 

そんな感じだったと思うけど

 

今こそほんとしのぎを削って頑張る

ライバル会社と組んで

 

生き残るべきです。

 

今出来る事でなんとか生き残るべきですよね。

さてさて前置きが長くなりましたが

新型トヨタハリアーが発表されました。

 

外観はキープコンセプトでエレガントで都会的です。

レクサスRXより実用的な大きさが良いです。

エレガントさも上だと思います。

 

 

 

 

 

内装も良いですね。色合いや

すっきり感が良いです。

 

 

ナビゲーションシステムもわたくしのプリウスPHVの縦長で

無いところが良いです。一般的な横長なのが交換が持てます。

 

しかし今は生産もストップしているから6月の販売開始はどうなるのかな?

注文してもすぐには来ないだろうな。

 

注文はしないけど。

 

しかしほんと世界中の自動車業界これから

大変です

 

先に書いたようにその子会社も

関係会社も

 

新型コロナウィルスのせいで

車を買う予定の人も

買えなくなったり

 

クラスを落としたりが必要となります。

買い替えのタイミングも遅れるでしょう。

 

ホント車に関連する企業は多いから

大変です。

イタリアでも85%減の販売台数だそうです。

 

ディーラーも締まってるとこ

多いでしょう。

 

日本にはトヨタ ホンダ 日産 スバル スズキ

マツダ ダイハツ等

たくさんの自動車メーカーがあります。

あ!三菱忘れてた。

(アウトランダーPHEVがあるのに・・・・)

 

こんなに残ってるのは素晴らしいですよ。

経済に与える影響も大きいですよ。

 

しかし新型コロナウィルスが蔓延してから

良い話は車業界でも無いです

 

自粛している感がありますね。

レイオフとか銀行に1兆円融資を頼んだだとか

 

そんな話しか聞こえてきません。

 

このような事を書くと

広告が掲載されてました

 

KINTOです。

 

トヨタのサブスクリプションのサービスですね。

毎月の収入が減るっていう時に

この広告は場違いです。

 

結構高いからこのサービス 月々の負担感が高いから

今使う人あまりいないと思いますけど。

 

まあこういう時だからこそ

良いニュースを取り上げて欲しいです。

 

トヨタが好調だったWRC

(ワールドラリーチャンピオンシップ)も

どんどん中止が決まっていってます。

 

私のシステム手帳には

rallyプラスのWRCの予定のシールが貼ってあるのに

 

練習も出来ないようですね。サイン会もバーチャル

ラリーカーの塗り絵とかしてるみたいで

 

さっぱりです。ラリープラスも大変でしょう。

みなさんもぜひ

ラリプラメンバーズ

で応援してあげてください。

 

しかしラリープラスもレースが無いんでは

取材も出来ないし その前に主戦場でも

ある

欧州に旅行にもいけないですよ。

 

ホント大変です。

車業界各メーカーが弱いとこを補って

色々コラボしてやるべきです。

ホント体力無いメーカーは潰れますよ

いろんな応援の仕方があります。

頑張りましょう!!

トヨタのため 水素社会を実現するため頑張ります。

 

 

今はほんと農業ですよ。愛媛と言えばみかん

みかん農家に就職しませんか?

 

わたしも今から昨日書いた

ZenoahのBKZ315BーLが届いたので

組み立ての試運転に

 

実家の大洲に行って来ます。

「百姓は草を刈って刈って刈りまくれ!!」って

言葉もありましたから

 

ホント刈りまくりますよ。

有償であなたの山の草刈りもします。

 

しかし、人の合うのは危険だから

新型コロナウィルスが

落ち着いてからです。

 

 

 

新型クラウン!「なんと50000台も受注してるんですって!?」

どなたさまのクラウンかしらないけど
新型ですよね。

先代のピンク色のクラウンが出たごろから
クラウンは終わったと思っていたけど
ところがどっこいしょ

新型クラウンは5万台も受注しているのですね
受注記念で月々16600円の支払いで
新型クラウンに乗れるらしいです。

残価設定型プランで3年間16600円 ボーナス時も結構払って

3年後に購入しようと想ったら250万くらい
いるのでは無いの!?

まあこのプランで購入している人は
周りにもいますけど。

金利が高い時代なのでどうですかね。
貯金しておくよりかは
貯金を叩いて現金で買って

毎月のランニングコストは下げた方が良いかと

想うのですが。

赤プリ子の好きなTRD仕様です。

最近のセダンは屋根がスーッと落ちるんでは無くて
ラウンドさせますね。
ポルシェパナメーラから始まったクーペスタイルの
セダンです。

ニュルブルクリンクで走りこんでますから
かなり足回りも創りこんでますけど

インテリアも男っぽくて良いです

最近はブラックばかりで無くて茶色とか白とか
カラーが選べるのが良いです。

その点 プリウスphvのインテリアはいただけません。
黒だけだし、ごちゃごちゃし過ぎだし
なにせ、あのバスタブの様なトレイが嫌いです。

「なんで買うの?」って言われるかもしれませんけど
トヨタの為と家計の為です。

とにかく毎月のガソリン代は要りません。まだ6回くらいしか入れて無いですし。電気代は+1000円くらいですからね。

何回も書くけどタイヤは195 65 R 15
それでもブリジストンのスタッドレスブリザックVRX2
は高かったですけど。
5年はスタッドレスとしても使いたいです。

新型クラウンからアスリートとロイヤルって表現は
無くなりまし。
わかりやすくて良いです。

まあ買いませんけど 買えませんし。

このつくりこんだクラウン。5万台受注ですから。

いつかはクラウンですね。

このお値段ならレクサスを買うと思っていたのですが

ホームページ見たら結構良いです。

2.5リットルのハイブリッドなんかが良いんでは
無いですか 燃費は良いし。

ルーフラインがクーペスタイルで綺麗なのに
フロントのデザインが「どーだ!!」
って言うのが残念ですか。

もう少し押し出しは少なくて良い気が
するのは赤プリ子だけ?

もう少しエレガントなフロントマスクにしてほしいです。

それならレクサスESですか?

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村

未来をどれだけ楽しくできるか?トヨタイムズがはじまる!はじまる!

https://youtu.be/2d9_4SqNMZk

香川照之編集長で始まる

【トヨタイムズ】

いよいよ始まる「トヨタイズム」

豐田章男社長とイチローと対談している動画があるけど

今一意味がわかりませぬ。

時折 並々ならぬ危機感を表し喋りますけど

イチローさんの前でそれを前面に出すわけにはいかないですから

いったい絶好調なのにどこに危機感を持つのか?今トヨタはかなり良いとは思いますけど。一時期は日産やホンダの売れた車をマネするところがあってでも結局完成度が高くて頑張って新しいジャンルを創ったメーカーを食ってしまうというところがあって。

例えばオデッセイのまねのイプサムとかストリームのマネのウィッシュとかエルグランドのマネのアルファードとか順番とか違うかもしれませんが個性の時代が少ない時があってスポーツカーも無くなった時代もあって・・。

それが今や86もあるしスープラもあるし、レクサスLC500もあるし、良いですねえ。気になるのは子会社のダイハツのクオリティが低いような気がするのは私だけでしょうか?

スバルの一番の大株主がトヨタですけど、あんな尖がったスポーティーな

車なら良いですけど。

ダイハツの軽四周りでいっぱい持ってるけど、外観は良いけどよく故障したり

実は安っぽかったり。

レクサスは素晴らしいクオリティと値段かとは思いますけど。まあ中々日本人では買えないですよね。特に田舎では。

でもダイハツと日野のトヨタとレクサスで年間1000万台売っているのにどんな未来に悩みがあるのか?

クルマを取り巻く環境が劇的に変わってますからね。

今はどんな情報でも手に入るし、どんな品物や食べ物もおとりよせで手に入るしわざわざ車を使って移動する必要が無いと言えば無い。

赤プリ子のアカプリオも毎日の通勤や最近では水害で使えなくなった温泉よりちょっと遠い温泉に行くくらいでそんなに移動の必要を感じないし

移動した後の高速代とかの請求とのタイムラグが怖いくらいですよね。

それ以前に430万円のプリウスphvを買うというのも大変でした。それを払える若者がたくさんいるとは思えません。

買う前には380万円くらいと想像してましたが思った以上に高かったです。トヨタにとっては今後 400万以上のクルマがどんどん売れる時代が継続するとは思って無いですよね。所得の高い東京の若者は車持たないし、車要らないですよね。

またハイブリッドを20年も前から開発して、世界のクルマの低燃費化の先駆者としてトレンドを創ったけど、今やアメリカでも否定され中国でもバッシングを受けてますよね。VWのディーゼルエンジンの排出ガス問題からいきなりEV化にシフトしているし。トヨタはそれに呼応せず、(いやしてるか・・)せっかくいいphvを創ったのに売れない。現実は厳しい

2018年は交通事故の死者数が3000人とちょっとで少なかったらしいです。まあこれだけ交通のルールも厳しくなって

車も安全になったら死亡事故は少なくなります。でも事故は相変わらず多くて飲酒運転も多い。飲酒運転をしたら罰金が凄いし免許を持てない時間も長い。

車の事故はほんと社会的損失多いです。みんなが死んではいけない生きなくてはいけない人だと思うけど亡くなることで社会に膨大な損失を与えた人も多いでしょう。

交通事故なんかは自動運転を早くして無くすべきです。

飲酒しても自動運転なら大丈夫とかシステム的にすべきです。現状では酒を飲んでハンドル握ったらエンジンがかからなくすべきです。

システム的に出来るのに出来なくしているのは関係者の怠慢もあります。

例えば飲酒した人が運転して事故で人身事故。亡くなった。それをエンジンがかかることにしておけばその人は生き永らえたのです。

できることは早くすべきです。でもメーカーも購入予定者も何も読めないのは事実です。読めないことや見えないことに対する不安はトヨタにもあります。

そのためにWRCに出たりWECに出たり、5大陸をランドクルーザーで走ったりいろんなことに手を出してます。

そこにコストをかけれる収入があるからできるってこともあるけど

きっと社内的にはこれもあれも無駄って思う人も少なからずいるでしょう。

トヨタイズムで今後何を訴えていくのかな?梯子をかけ間違えない様にだけはしてほしく無いですね。

赤プリ子が言えるのは世界の辺鄙な地域を大事にすると同様、日本の地域を大事にしないと、日本にいる必要は無いですね。楽しみです。ミライ!未来!!

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村

やっと修理する気になった。窓ガラスにも遮熱フィルムを貼った。

 

 

1っか月前に負った心の傷。とフロント右側の傷。

結構高くつくと想像していたのですが

8万5000えんくらいということで

なかなか癒えない心の傷を治すためにも

ボディの傷をまずは治すことにしました。

バンパーが2分割になっているので

すべてのパーツ交換をしても

8万5000えんくらいになるそうです。

 

面積の多いバンパーより

LEDのウィンカーランプのほうが高いそうです。

詳細はまだですけど

安かったので即答で修理することにしました。

 

この様にパーツ代は安くすべきですよね。

結局外車に乗っても

修理代が高くついて

困ってる友人もいますが

故障が少なくて修理代が安いTOYOTA。

そこは世界でも消費者に評価サービステル部分ですからねえ。

今回、修理と同時に施したのが

 

前面フィルム貼り。

カタログでは紫外線をほぼカットと言いながら

昨年の夏の西日は

運転中でも

耐えれないくらいでしたから

 

また室内も真っ黒なんで

あまり日焼けさしたくないと

早めに工事をすることにしたのです。

 

フィルム貼りは55000円。前面貼ってこの価格ですから

フロントの傷だけで20万円は越すと思っていたので

 

両方足しても15万くらいなので

即答でフィルム貼りをしてもらうことにしました。

しかし綺麗に貼れるものですが

 

後方の窓はバブルウィンドウっと言って

Ⅿ字じ曲がっているのですけど

綺麗に空気なんかも入らずとても

綺麗です。

工事の瞬間を撮影したかったです。

リアのガーニッシュ部分が黒で窓も真っ黒になったので

よりスポーティー感が出ました。

 

問題は夏の紫外線をどこまでカットできるかですけどね。

 

しかしボディーの傷は心の傷になりますね。

ここ1ケ月はかなり落ち込んでました。

 

そういう時はそれを修復する以上に

フィルム貼り、そしてENGINEstartのボタンも

赤にしました。

 

最初の標準のやつはくすんだブルーですから。

そしてTRDの

ステッカーも購入。それでまた見積もりも請求も来てないけど

15万円くらい。

 

安かったです。

あとは今年はスタッドレスタイヤ。

出来れば夏タイヤに

アルミホイール BBSの15㌅を付けて

今のホイールのアルミにブリヂストンのブリザックを

つけたいですね。

 

本当は18㌅とかにしたいけど

前に車の反省を元に

購入したプリウスphvですから。

 

税金も10000円でした。

前の車は39000円でしたしね。

 

盗難事件の多いプリウスphvですけど

保険も安くて

これも39000円。

 

税金が10000円なのはいつまでですかね?

数年続くことを祈りますけど

これは県が判断するんでしょ?

 

まあ愛媛県の良心を信じてます。

燃費は圧倒的に

HVより良い。

電気自動車よりも良いかも。

 

乗り方の環境によりますけどね。

これで修理が終わり

スタートボタンが赤になって

 

ナビも運転中に操作出来て

後向きにもドラレコがついて

 

かなり満足な出来になってきたので

今後はもっと詳細に環境性能とか走行性能とか

ドライブ情報をインプレしますよえ~。

 

みなさんからのご意見もお待ちしてますよ。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

WRCラリー・メキシコ セバスチャン・オジエ逆転で優勝。やはり強いね!!オジエ!!

プリウスphv画像!小さい!!

画質を最低から2番めの設定にしてました。

まだまだ慣れないし

撮って無いですからね。プリウスphvの

 

説明書も満足に読んでいないところに

 

いろんな説明書が来て大変です。もっと勉強しなくちゃですね。

しかし今頃のコンパクトカメラも多機能で

色々出来るから説明書もとても厚くなりますね。

 

最近は長距離走行も多くて調子が良いですね。

 

今朝の指示数は656.1km

 

 

昨朝は650km丁度ですから

 

満タンに充電するのに6.1kwhですね。今までは6.6kwhだったのに

イマイチプリウスphvの充電量はわかりません。

 

 

さてさてWRCラリー・メキシコのリザルトがわかりましたね。なんとセバスチャン・オジエが

 

 

優勝してしまいました。

 

 

もうここからラリープラスネットから

 

 

ラリプラメンバーズの宣伝をしてますから許してね〜。

©Naoki Kobayashi

ラリーメキシコ、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント。走行順が早くグラベルを掃かなくてはならない厳しい状況の中で、総合優勝を勝ち取ったオジエ。ジュリアン・イングラシアとともに、このメキシコから歩み始めたWRCキャリア10周年を勝利で飾った喜びを明かした。
*()内は総合順位の前日比

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■セバスチャン・オジエ/総合首位(=)
「今日は最高にハッピーだし、この勝利は自分とジュリアンのWRC参戦10周年の最高のお祝いになる。2008年にジュニア部門の勝利で始まり、以来、ここではステキなことがたくさん起きた。この勝利は、中でも最高の一つだ。この週末は、すべてを尽くした。ジュリアンは完璧、チームもとても強かった。この勝利はもちろん素晴らしいが、パフォーマンスも本当によかった。昨年から格段に成長し、今季この先に向けて大いにポジティブな点だ。この週末の内容には誇りを持てるし、これ以上ないという内容」

■テーム・スニネン/総合12位(↑)
「難しいラリーになったが、セカンドループでは成長も見せられたし、市街地ステージでベストを出せたのはとてもポジティブな点。こういったステージは自分の弱点だったので、改善に向けて必死で取り組んでいたので、よかった。もちろん、もっと速く走れたら、そして金曜日にミスがなければもっとよかったが、まだ成長できる余地もあるということ。マシンをラインにキープさせていかなければいけないし、アクセルも少し早くしなくては。ほんのわずかな違いだが、コーナーのたびに0.1秒をロスしていたら、ラリーの最後には大量の遅れになってしまうからね! 今回のラリーを分析して、次のアルゼンチンでは集中していく。2016年にレッキに参加しているので、ステージのことは分かるが、ラリー車で走るのは初めて。通常以上に、しっかり準備をしなくてはならない」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■クリス・ミーク/総合3位(↓)

M-Sport

「もちろん、この週末ではポジティブなことを得られた。今季初ポディウム、選手権でもいいポイントを獲得できた。でも、残念な気持ちもある。チームにとってだけではない。メキシコでは、勝つために全力を尽くしてきた。ペース、マシン、走行順。でも、それができなかった。下らないミスがたくさんあったし、このレベルではそれでは勝負にならない。コルシカは昨年、とてもコンペティティブに戦えていたので、それまでに整理しなくてはならない」

■セバスチャン・ローブ/総合5位(=)

CITROEN / @World

「自分のペースは、うれしい驚きだった! パンクのおかげで自分本来の戦い方が最後までできなかったことだけが、少し悔しい。いずれにしても、いい週末だったし、それが復帰のもともとの目的。コルシカでは、感覚を取り戻さなくてはならないことも多いが、いいリザルトを目指したい」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ダニ・ソルド/総合2位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「タフな週末だったが、これだけ楽しく、コンペティティブに戦えた末にポディウムに上がれてとてもうれしい。これまでもメキシコではいいペースを出していたので、トップ3で戦えると思っていた。すべてが順調ではなかった。パワーステージでも、危ない場面があり、右リヤタイヤをパンクした。道の真ん中に石があったんだ。まずいことになりそうだったので、そこからは抑えて最後まで慎重に走った。ポディウムフィニッシュはとても重要だし、トリッキーなグラベルステージで、走行順を充分に活かせた。チームが一丸となって戦えたし、特にマニュファクチャラーズ選手権のリードを広げることができてうれしい」

■アンドレアス・ミケルセン/総合4位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「自分たちには簡単なラリーではなかった。ここで必要な、前向きなペースもパフォーマンスもつかむことができなかった。土曜日夜のサービスでマシンに変更を行い、最終日の午前はより余裕が感じられた。順位を上げられるような状況ではなかったので、純粋にクリーンで丁寧なラリー運びをこころがけた。もっとアタックできる場所もあったが、4位でフィニッシュしたことで貴重なポイントを獲得できた。チームとしてはマニュファクチャラーズ選手権のリードを広げられたし、自分もドライバーズ選手権で3位に上がったので、ここはポジティブなところ」

■ティエリー・ヌービル/総合6位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「最終日の午前中は、ドライバーズ選手権ポイントをできる限り多く獲得する決意で臨んだ。パワーステージでは全力を尽くし、タフな週末を経てボーナスポイント3を獲得できてうれしい。走行順が先頭なのは全く理想的ではないが、これも戦いの一部。こうしたコンディションに対応する上で、有意義な経験になった。週末はトラブルもあった中で、6位で終えて選手権でプレッシャーを与えることができた。精神的には決して諦めないし、コルシカではまた別の戦いが始まる」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合8位(↑)

Toyota Gazoo Racing WRC

「今朝はフィーリングが素晴らしく、マシンの感じもとてもよかった。大プッシュをかけて、最初のステージでベストをマークした。2本目もよかったが、少しタイヤをセーブしていた。パワーステージでは全力を尽くし、自分の走行順でセカンドベストでフィニッシュできて、本当にうれしい。難しい週末だったが、デイリタイアがあって再スタートして8ポイント獲得できたのはよかった。全体として、マシンのパフォーマンスはあったし、自分のパフォーマンスもつかみ始めている」

■エサペッカ・ラッピ/総合11位(↑)

Toyota Gazoo Racing WRC

「今日はパワーステージに集中して、最初の2本はとにかく走りこなし、ペースノートをチェックし、タイヤをセーブしたかった。タフな週末だった。ハイライトは、スペクテイターステージだった。イベント前テストでは、ゴーカートコースで作業を行い、手を入れた方がいいと思われる新しいことを見つけた。昨晩はストリートステージで、ベストタイムに近いタイムを出した。これまでは、ああいうステージでかなりタイムをロスしていた。多くの経験とデータを得ることができたので、来年の成長に活かす事ができる」

■オット・タナク/総合14位(=)

Toyota Gazoo Racing WRC

「今日は、パワーステージで全力を尽くした。失うものは何もなかったので、とにかく5ポイントを獲りたかった。マシンのパフォーマンスはすごくよくて、マシンにも余裕が感じられたので、さらにプッシュすることができた。もちろん、優勝を狙っていたので総合リザルトには満足していないが、シーズンはまだ先が長いし、パフォーマンス面はよかった。このマシンでの初めてのグラベルだったので、たくさん学んだことがあるし、改良できる部分もたくさん見つかった」

 

 

プリウスPHV ちょい乗りは5.3km/kwh。ガソリン車と同じでちょい乗りの電費は悪い。連続して乗ったほうがそれは経済的やわなあ。

昨日は1.3kmくらいをちょいちょい乗り

8kmしか走りませんでした。本日の日曜日は雨なので昨日洗車したら良かったですけど

夕方温泉に行ってビアを飲んだので洗車はしませんでしたね。

本日の充電専用メーターの指示数は473.5kwh     昨日は472kwhなので

 

473.5➖472=1.5kwh

 

8km➗1.5kwh=5.3km/kwh

ちょい乗りですから

 

こんなもんですね。きっと

金額にしたら5.3kwh✕11.02円=58.406円

58円かあ まあ安いですね。

 

インナーガレージに入ったソーラーパネル付き赤いプリウスPHV

汚れが目立ちます。本日時間があれば洗車に行こうかな

今月のソーラーパネルによる発電は3.1kwh

5月が10kwhくらい行ってますけどその後は

3kwh〜4kwhと低迷してますね。

インナーガレージと言うのと雨が多かったのが原因ですね。

累積では44.56kwhです。

 

この倉庫の右側にコンセントを設置しケーブルは屋根に打ち付けていますので、充電ケーブルを持ち歩きません。でもいざというときがあるし、その充電のインプレッションもいるので

 

来年にはケーブルも買い足したいとは思ってます。ケーブルを巻くものもね。

其の名も充電ケーブルホルダー 4860円ですね。

急速充電は16.2円/分なのでHVモードよりも高くつきますからね。

もう少しガソリン代が高くなれば・・・。

 

逆転はしないですね。

 

充電ケーブルを指してるとこの様にメッセージが出て

スタート出来ませんからケーブルを引きちぎる間違いはありませんね。

 

NETでガソリンホースを引きちぎり引きずったまま走る画像を見たことがありますが

これからの電動車はそんな事は無いででしょう。まあ大きなショックと音がするでしょうから

わかると思いますけどね(笑)

 

まだまだ近くでプリウスPHVは見かけませんが一番良くみるクルマ。白いTRDが停まっているところを発見しました。

回は勇気を出して声をかけ写真を撮らしてもらうつもりです。充電方法や電気工事についてもね。わたくしも知り合いの電気工事屋さんに頼んたのと、ある意味家を建てた時に準備をしていたので10000円という工事代でやっていただきましたが、本来はそこまで安くは無いはずですから。

 

充電専用電力メーターは別ですけどね。14000円くらいしたかな。雨の降り込まないインナーガレージなので、綺麗に納まったと思いますね。

 

電気工事は資格が必要なので知り合いの電気工事屋さんに頼むのが良いですね。今やSNSなどで

情報発信されていますので、NETで直ぐ探せますよ。もし近くの人がNETにない場合はタウンページか、近くの電気工事の看板を見て行くもの良いですね。

<ポチッとお願いします>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

トヨタWRC18年ぶり参戦。大正解でした!!

トヨタ 18年ぶりにWRCラリーに復帰して大正解だったと思います。

 

現社長の豊田章男氏がWRCラリーの本場であるヨーロッパを転戦していたときに

WRCトヨタの一ファンから

「トヨタの復帰はまだか?」って言われれ

決断したらしいですよね。

それだけで決断する豊田章男社長も凄いです。

 

<RALLYPLUS.NET>

より

 

しかしWRC来年の日程も決まっているのですね。

まあこれだけの世界の大会であれば当たり前でしょうが

<ラリープラスNET>より

昨年の復帰第1戦でもあった

1.ラリー・モンテカルロは 1月25日〜28日

2.ラリー・スウェーデンは 2月15日〜18日

3.ラリー・メキシコは   3月8日〜11日

4.ラリー・FRANCEは   4月5日〜8日

5.ラリー・アルゼンチンは 4月26日〜29日

6.ラリー・ポルトガルは  5月17日〜20日

7.ラリー・イタリアは   6月7日〜10日

8. ラリー・フィンランドは 7月26日〜29日

9.ラリー・ドイツは    8月16日〜19日

10. ラリー・トルコは   9月13日〜16日

11.ラリーGBは       10月4日〜7日

12.ラリーSPAINは    10月25日〜28日

13.ラリーオーストラリアは 11月15日〜18日

 

28年のラリーGBくらいは行きたいですね。

 

今年はラリー・スウェーデンで ヤリーマティ・ラトバラが優勝

ラリー・フィンランドではエサペッカ・ラッピが

 

ヤリーマティ・ラトバラリタイアの後

優勝でしたかね。

 

残念なのは第13戦のラリー・オーストラリア

最後のステージまで第2位だったヤリーマティ・ラトバラが

森林に入って自然木に衝突

YARISWRC大破損でリタイアです。

 

1位を狙う気持ちもあるけど

大変残念でしたね。

 

結局ヤリーマティ・ラトバラは4位で終わりましたが

トミ・マキネンも最初から言っていたように

今シーズンはデータ収集という

ことでしたから上出来ですよね。

 

昨年までのWRCラリー界での長年の王者

フォルクスワーゲンが参戦していないのは

残念でしたが

 

日本のTOYOTAが参戦したことでより身近になりましたよね。

昨年まではいくら男前でも走りがすごくても

セバスチャン・オジエなんて

名前は聴きませんでしたから

 

まあTOYOTAの豊田章男氏の大英断に

感謝・感激です。

ヨーロッパではホット・ハッチは大人気ですから

YARIS初めTOYOTAは売れているみたいですね。

 

フロントのデザインが日本のVITZと違うのが残念ですけど

GRNM仕様も出るようで

 

楽しみです。

 

今年第3位だったM・スポーツのオット・タナクが

TOYOTA入りすると決まって

来シーズンはもっと期待持てますよね。

 

3位と4位の選手がTOYOTAですから。

そしてもうひとりのドライバーエサペッカ・ラッピも

今シーズン途中参戦ながら

なんとフィンランドで優勝しましたから

 

ホント期待できますよ。

まだ経験は少ないけど実績があるみたいな。

 

楽しみですね。

 

TOYOTAは社長の言う「生きるか死ぬか」そんな英断を下すときでもありますが

WRCの参戦は正解です。

 

WRCの成績にも期待して来年からのニューモデルにも期待します。

<ポチッとTOYOTAとこのブログの応援をお願いします>

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

プリウスPHV納車から半年。調子は良いぜ!!

プリウスPHV半年点検です。

走行距離はおもったより少なくて

5840km

 

雨の日は主に軽四乗っているからこんなもんですね。

調子は良いです。燃費もね。

右後ろに少し擦り傷がついていますが

他には傷は無いです。

オイル交換は本日が初です。
ザーレンでも粘度の低い
高級品を入れました。

ただ5800kmの走行のうち
実際にエンジンがかかったのは
1000kmくらいですから

もったいないのはもったいないです。
しかし長持ちさせるためには
オイル交換は一番だいじですよね。

電気代は恐らく6000円言ってないですね

急速充電器は一切使ってないです。

というか充電用ケーブルを天井に打ち付けましたので

まったく外で充電する気はありません。

 

これが天井に打ち付けた

ケーブルです。このせいで

7.5M?ある長いケーブルも

綺麗に納まりバックで駐車したら

丁度良い右側から

充電でき

ケーブルを踏むことも

ありません。

すごくすっきりしました

空配管もしていたので

電気工事も安くつきましたよ

 

20年前の家なのですけど

PHVなど買う気は無かったのですけど

通信線かななんかを入れたいと

思って付けてたようですね

よってパナソニックのコンセントWK4322W

逆さまに付けました。

 

雨も振り込まないインナーガレージなので

問題は無いですね。

電気のメーターは346.3kwhを指しているんで

これだけなら346.3✕11.02=3816.226

3800円ほどですけど

途中で付けましたから

どれだけ充電に消費しているのか

わからなかったので付けてませんが

空の状態からは6.6kwhですね。

最近めっきり寒くなって電費が落ちているようですが

空になるまで乗らないので

その数値が変わっているか近々に測り

アップしたいと思います

ブログを遡ればいつ工事したか

わかるのですが

面倒くさがりなので

大体電気代は6000円くらい

ガソリンは2度給油して

2度目の分が半分くらい600km以上

走れるくらい残ってます。

洗車は自分で軽く

2度ガソリンスタンドで洗車1800円✕2回ですね。

 

ソーラーパネルの発電量は40kwh(納車前を含む)

思ったより少ないですけど

 

インナーガレージで

天候が悪い時は軽四なので

 

なおさら悪いですね。

オプションやタイヤ等

改めて購入したものは0です。

 

ワックス類やスポンジ類も0ですけど

コムテックのドライブレコーダー様に

MICROSDカードを購入したくらいですね。

ドライブレコーダーのケーズカバーも締めて3000円くらいです

アカプリオに合わせて赤にしましたけど

 

燃費や走りには満足ですね。

スタッドレスタイヤもほしいけど

今は金が無いので

 

雪が降ったら軽四でスタッドレスですね。

4WD軽四ですから

 

安全でしょう。プリウスPHVノーマルタイヤよりは

金が出来たらアルミホイールとレグノタイヤがほしいですね。

 

来年になれば少し色々落ち着いて来ると

思いますから

色々オプションを買い足して

いきたいと思います。

無事無傷で半年迎えたことに感謝します。

またブログのお付き合いもありがとうございます。

 

ナビについてはあまり良い事書いてないので

コメントも頂きましたが

説明書も満足に読まずにすいませんでした。

 

もう少し読みこんでレポートしたいと思ってます。

ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします。

 

そうそう明日からガソリン代がとても高くなると

ガソリンスタンドに貼っていたとの

情報が

もう少しはプリウスPHVを目にしたいです

アウトランダーPHVや

ミニ・クロスオーバーPHV

でも。

ガソリンの値段によってはもっと注目されるかも

しれませんね。

 

<TOYOTAのため低炭素社会実現のためこのブログの応援をポチッとお願いします?

 

 

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村